親の老いを見つめて

ジィさん83歳 誕生日

20121

今日はジィさんの83歳のお誕生日です。

デイでお祝いをしてくださったようです。

画像、見難くてごめんなさい。

でも、このジィさんのうれしそうな笑顔は伝わるでしょう。クスッ( ̄m ̄*)

本当にデイが大好きなようです。


【おたんじょうびおめでとうございます。

今年もお元気でステキな歌声を聞かせてくださいね♪】

うれしそうにバースディカードを見せてくれました。


家では、平日は主人の帰りが遅いので、

昨日、お祝いを済ませました。

  ↓

  ↓

続きを読む "ジィさん83歳 誕生日" »

バァさんの別荘入り

Dscf9742

この冬もバァさんは冬眠に入るかの如く、

病院という名の別荘へと消えた。


ご参考までに・・・←こんな感じ。

で、今年は2度目の入院です。前回は←こんな感じ。




しっかし今回の出発は慌ただしかった。

救急車のサイレンが近づいてきた。

「あっ、お母さん、あれうちの救急車と違う?」っと

興味津々のピー。

マンションのエントランスまで誘導に出てもらった。


玄関に現れた救急隊員の方は3名。

皆さん、玄関で靴の上からビニールのカバーを被せ、

そのまま部屋の中へと入ってきました。


ベッドから立とうとして尻もちをついたバァさんは

そのまま、前にも後ろにも横にも上にも動かせない状況となったのです。


ここに来て、初めての救急車要請です。


持ち手のあるハンモックのようなものに包まれて、

バァさんは座った姿勢のままエレベーターに乗せられました。


1階のホールに、ストレッチャーが用意されていて、

背もたれを起こし、姿勢をキープしながら

バァさんは救急車へと運ばれました。


かかりつけの病院に連絡はとるが、

引き受けて貰えない時は他の病院に移送することを

了解して欲しいと言われました。

幸いなことに、かかりつけの病院が引き受けてくれました。


「多分骨折でこのまま入院になるかと思いますが、

一緒に救急車に乗って行かれますか?」っと

一人の救急隊員の方が聞いて下さいました。


後の私の動きを心配してくれたようです。


「すぐに車で追いかけますので、よろしくお願いします。」と言うと、

「慌てなくていいですからね。」っと優しい言葉が返ってきました。

そして救急車はピーポーピーポーと音を立て、夜の混雑する駅前の道、

スルスルと渋滞をかき分けながら姿を消しました。



続きを読む "バァさんの別荘入り" »

見学会

なんだかリッチな気分の食事を楽しんだ後、

現実の問題に戻りました。


チラシにあった所在地をナビに入力し、

高齢者向け賃貸住宅」内覧会・個別相談会へと向かいました。


現地にはスーツをビシっと決めたスタッフの方が

入口手前の駐車場の辺りからたくさん立っていました。


受付を済ませると、私達に担当の方一人が付いて

中を一部屋づつ案内してくれました。


やはりこちらも冷やかしで行ってる訳では無いので

質問の内容も切羽詰まったものとなります。

夫婦二人部屋は無いか?の質問のあたりから、

この担当者の方もおそらく仕事を離れて

相談に乗ってくださったような気がします。


この方ね・・・・


続きを読む "見学会" »

戦いの後・・・

仕事の方、始まりましたが、今回土・日はお休みです。

っで、気になっていたジジババの衣替えをと思ったのですが・・・


もぅ、どうにもこうにもその作業が辛くて・・・

っで、今回は主人に頼んだのです。

「押入れ下段の衣装ケースの服と上段の引き出しの服を

入れ替えるだけでええんやろ。」っと軽く引き受けてくれました。bleah


っで、私は近づかず、秘密基地に居ました。

でも聞こえてくるんです。声がでかいから


「下着こんだけいらんやろう。」

「いるんじゃ。置いといてくれ。」


「こんな服着るか?でか過ぎやろ。」

「家で着るけん置いてるんじゃ。」

「1日中パジャマでいるやないか。」


そこは実の親子ゆえ、激しいバトルが繰り広げられていました。

いくつかゴミ袋に収穫をあげ、お昼になりました。


ジジババは先日のラーメンの残り、

とんこつ味を二人で1袋分けていました。


「二人を食べさせてからちょっと出ようか?」

っと主人に言われてました。

今日は登山はいらんでぇ~(私の心の声)


っで、車に乗り

「どこに行くん?」っと聞くと

あの見学会、今日までやろ。」っと主人。

へぇ~覚えていたんだぁ。

「まぁ、何事も勉強やからな。」ということで、行ってきました。



その前に腹ごしらえです。

続きを読む "戦いの後・・・" »

高齢者向け賃貸住宅

Dscf9404


Dscf9417


新聞の折り込みチラシです。


うっそぉ~。マジ?安っ~shine

んもぅ、目が釘付けです。


月額99.500円ですってぇ~?

「高齢者向け賃貸住宅」かぁ~。

3食付いて、光熱費も込みで・・・本当に?


居室内には緊急コールが付いていて、

365日、24時間常駐で、見守り。


デイサービスも併設。。。ってことは入浴もお願いできるやん。

いや、デイを使うと高くなるから、

この場合は入浴介助のヘルパーさんをお願いする方がいいか?

っていうか、週に2~3回なら私が入れるやん。



う~ぅ。。。希望が湧いてきたぁ。

老人ホームとどぅ違うんだ?

金額はその半分やんshine




これなら二人して長生きしてくれても、何とか支払える・・・かも?





っが、落ち着いて考えた。


続きを読む "高齢者向け賃貸住宅" »

4度目の秋

Dscn1504_edited1_2

Dscn1510_2

バァさん、ここに来て4度目の誕生日です。

お祝いのケーキは諸事情があり(←過去のいきさつはこちらから)

個々に好きなモノを選んでいます。




っで、バァさん夢中で↑読んでいます。


今年のプレゼントはこの本にしました。


ジャーン!!

続きを読む "4度目の秋" »

敬老の日

Dscf9197


Dscf9200_2


敬老の日の今日、ジジババはデイでした。

今年も盛大にお祝いをして頂いたようです。

それも改装工事を終えたばかりのピッカピカの場所で。

30人位の吹奏楽団がやってきたようです。

バァさんが夕食の時にうれしそうに話すのです。

←ちなみに去年はこんな具合です。

17日~18日の有馬旅行で疲れて、

「デイは休む。」っと言い出すのでは?っと心配したのですが、

ジジババも久しぶりに娘ファミリーと会えて、リフレッシュしたようです。

クスッ( ̄m ̄*)。。。以前、お話した例の家族旅行

思わぬ展開を見せました。

後でUPしますね。お楽しみにぃ~happy01

早くしないと、ほんと自分の記憶力が心配な今日この頃ですsweat01

ブログがすっかり備忘録と化していますぅsweat01

落ち着こう。

Dscf8801

酔っ払ってます。

ウィスキーのボトルを横に

ジィさんの晩酌の相手をする嫁ってどうよ?って感じですが・・・

お許しを・・・( ̄∀ ̄*)イヒッ


っで、もぅ、めちゃくちゃ私、怒ってますannoy

とにかく落ち着こう・・・




続きを読む "落ち着こう。" »

納涼祭(地蔵盆)

Dscf8761_edited1

Dscf8742

今日はジジババの通うデイケアの納涼祭でした。

これ、家族も参加することが出来、

初回の時はおもしろそうだったので1日お邪魔しました。
(その様子は←こちらをどうぞ)

「お風呂もリハビリも無いし、人が多いけん、横にもなれん。」

バァさんの言葉です。


確かに、今日、明日の2日に分けて行われる為、

他の曜日の方、またその家族の方も合わせると

かなりの人数になります。


お祭り気分も盛り上がり、

スタッフの皆さんの浴衣やらハッピ姿を見るのも

楽しいかと思うのですが、バァさんは気が進まないようです。


それでもジィさんはお迎えの車の10分も前から

ベランダから身を乗り出してうれしそうに待っていました。


っで、↑のたくさんのお土産を手にいつもの時間に帰宅をしたのですが・・・

続きを読む "納涼祭(地蔵盆)" »

カリウム欠乏症

Dscf8444

↑走る車の後部座席より撮影( ̄∀ ̄*)イヒッ

ガードレールの部分はカットしたよん。

あぁ、今日も1日お疲れさまでした。



今日はジジババの月1の通院日です。

ジィさんには主人が、バァさんには私がいつも付き添っています。


内科の受付の際に、院長先生宛てのお手紙を預けました。

「本人が傍に居るので、このような形でお伝えすることをお許し下さい。」

っで、始まって内容は

・睡眠中の寝言が実際に話しているほど大きな声であること。
(隣で寝ているジィさんが寝不足になるほど)

・また、起こしても暫くは現実と夢の区別がついていないこと。

・頻繁に殺される夢を見て、夜中に奇声というか悲鳴を発すること。

・この4カ月同じ服ばかりを着たがり、着替えを言うと興奮したように

「田舎に帰る。」「死にたい、死なせてくれ。」等の言葉が出るようになったこと。

・感情の起伏が激しく、楽しくしゃべっていたかと思うと、無表情に一点を見つめていたり、

動作が途中で止まっていたりすること。


↑のことを、箇条書きではなく、一応、私的には丁寧に書き記しました。


「とみさん、お入りください。」っと看護師さんに呼ばれ、

診察室に入っていくと・・・

続きを読む "カリウム欠乏症" »

より以前の記事一覧