« 不思議なご縁 | トップページ | 明日が怖い »

お粥デイ

1

201112202

今日はジィさんのデイではクリスマス会だった。

ご機嫌で帰ってくるのかと思いきや、すんごい剣幕で帰宅した。

「金曜日もお粥じゃと、わしはデイに行かんけんね。」

(火・金とクリスマス会の予定です)


お粥??なんのこっちゃ?


「今日はクリスマス会でしょ。なんでお粥なん?」

「わからんけんど、わしだけお粥じゃった。

みんなお寿司やハヤシライスを食べとるのに。」

201112203

  ★ ちなみに↑が予定のメニューでした。


「ジィちゃん、土曜日の診察で先生に何か言われた?」

「いいや、何も言われとらん。」


ジィさんのデイの日を月水金にプラスして火・木も増やしました。

それはバァさんが入院中、私が仕事の期間を

一人家に置いておくのは心配だからです。


どうしたことだろう?ジィさんだけお粥とは?


「わし、○○(←デイの偉い人)に言ってやったけん。

扱いがおかしいじゃろって。」

ま、まぁ、ジィさんなら黙ってないだろうが・・・


それで連絡帳を確認してみた。

【本日ご本人様ご希望でお粥を提供させて頂いたのですが、

どうしてもお寿司がいいとの希望があり、お寿司を提供させて頂きました。

23日(金)のクリスマス会も同様にお寿司を希望されていますので、

それで対応させて頂いてよろしいでしょうか。】


ご本人さま希望?

「ジィちゃん、希望したん?」

「いいや、しとらん。」


う~む。。。

先日も↓このような事があった。






「emiriちゃん、火曜と木曜のデイのお迎えは9時だって。」

ほぉ~そうなんだ。配車の関係だろうか・・・っと

のんびり構えていたのです。

すると、いつもの8時15分に

「emiriちゃん、誰か女の人が来とるよ。」っと

インターホンのモニターを見ながらジジィの言葉。


「誰?こんな早くに・・・」っと覗いてみるとデイの女性です。

仁王立ちしたジィさんが

「お迎えは9時じゃって言うたろうが・・・」と玄関先で大声です。


「ま、まぁええやん。もぅすっかり用意も出来てるんやから。」

っと、必死で抑えました。

ジィさんはすでにジャケットも羽織り、すぐに出られる状態です。


悲惨なのは私です。

スッピンを見られる羽目になったのです。

この時も来週からと言われたその言葉をジィさんは勘違いしていたのです。


おそらく今回も何かの勘違いだと思うのですが・・・



デイでご馳走を食べてくると思っていたので、

今夜はきっと軽い食事がいいだろうと・・・






( ̄∀ ̄*)イヒッ






プクク(* ̄m ̄)ククク

Dscf0006

お粥を予定していました。

「何か作ろうか?」って聞いたのですが

「ジィちゃんはお粥がいい。」との返事。。。


ええんかい!!?impact




今日はジィさんのお粥デーです。happy01





« 不思議なご縁 | トップページ | 明日が怖い »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議なご縁 | トップページ | 明日が怖い »