« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

ちょっと・・・

201112302

ちょっと空を見てごらんよ。

ほら・・・

三日月が綺麗だよ。

クスッ( ̄m ̄*)

  ↓

  ↓

続きを読む "ちょっと・・・" »

18歳!

Photo

今日はピーの18回目の誕生日です。

よくぞ、ここまで無事に育ってくれました。

クリスマスとお正月の間で、あらまっ!という間にやってきます。


本日はピーの好きなモノメニューです。

なんという組み合わせ?って感じですが、

何しろ好きなモノなので仕方ないです。


ちなみにポテトサラダ(マカロニ入り)、蓮根とごぼうのきんぴら

いかと鯛のお造り、それとホワイトソースの中ですが、

これ、きしめんなんですよぉ。

ケーキはショコラのタルト。。。


クスッ( ̄m ̄*)。ほんと庶民でしょ。

本人は大満足でした。


で、私事ですが・・・

続きを読む "18歳!" »

たくましい

Dscf0164

Dscf0167

ここ数日の寒風にも負けず、ベランダで凛として咲く花。

ジャンルは違うが、このたくましさに似ているのかも知れない。

    ↓

    ↓


 

続きを読む "たくましい" »

らんちょん膳

Dscf0138

むっふっふ。。。↑こんなのを買った。両面塗りです。

どうやって使うのかと言うと・・・



続きを読む "らんちょん膳" »

受験生の年末

Dscf0095

巷にジングルベルの流れるイブの昨日、

私はピーと二人で ↑の鉄塔を見上げながらバスを待っておりました。



土曜日でしょ。バスの数が極端に少ないのですぅ。

何処に行ってるのかと?

ピーの志望する大学の下見ですわぁ。

前回オープンキャンパスには行ったのですが、

何しろ私の体調が最悪の時だったので、

主人に車で送って貰ったのです。


入試当日は一人で電車・バスを乗り継いで行くわけです。

方向音痴のピーがぶっつけ本番でたどり着くとは思えず、

年末のくそ忙しい中、下見にへと出かけたのです。



行ってよかったです。

本当にハプニングと発見の続出でした。


電車を乗り間違ったり、バス停は

「そりゃ、わからんやろ?!」ってほどの所にあったり・・・。


ひとつ遠い方の駅からのバスの本数の方がはるかに多かったり・・・。


午前中にはサクサクっと済ませて、 ↓ この辺で遊ぶ予定でした。

続きを読む "受験生の年末" »

Merry Christmas. (2011)

2011_edited1

    xmas Merry Christmas shine


ジジババが来てから4度目のクリスマスかぁ。

早いんだか遅いんだか分からない時間の流れだ。


とりあえず、今夜はワインを飲もう。クスッ( ̄m ̄*)



ちなみに・・・元画像はこちらです。

   ↓

   ↓


続きを読む "Merry Christmas. (2011)" »

指図する人

Dscf0061

今日のバァさんへの差し入れです。

明日はピーと出かけたいので、病院には行けません。

っていうか行きたくありません。

っで、二日分のおやつです。


みかんは入院して以来、初めてです。

酸味の刺激が気管支に大丈夫かと心配なので、

「看護師さんに確認してくるわ。」っと私が言うと

「そんなん、聞きに行くのemiriちゃんぐらいじゃわい。

その辺の人ら、むしゃむしゃ食べとるわ。」っとババァ。


私ね、バァさんとの時間が疲れる理由が分かりました。

何かひとこと余計な言葉がつくのです。


私が行くと体にクリームを塗ってもらう事を楽しみにしています。

乳液を手にとると、「そりゃ多いわい。」の言葉。


でも砂漠の涸れた土のようなバァさんの肌には

どんどん染み込んでいくのです。


その後、入れ歯を歯ブラシで磨きます。

看護師さんはちゃんとポリデントに漬け込んでくれます。

それでも家でいつも歯ブラシで磨いていたバァさんには

頼りないようです。


上下の入れ歯を外した顔は別人です。

しゃべりにくいその状態でも、バァさんは話つづけます。

人と話がしたいのです。


家で居る時でもそうですが、話が長いです。

っで、何度も同じ話を繰り返します。


「トロミ剤、持ってきてくれ。」っとバァさん。

病院で、お茶にトロミをつける粉末が出されています。

それは家で使っている粉末と同じです。

それで、バァさんは・・・・

続きを読む "指図する人" »

嫁のemiriです。

軽い愚痴ですけどねぇ~。。。



年末でしょ。

お歳暮のやりとりっていうのがあるわけです。

っで、バァさんの妹や弟(主人の叔父・叔母ね)からも・・・




バァさんが入院している事は伏せていました。


でも、お歳暮のお礼の電話を入れる手前隠すわけにいかず、

それで骨折、手術の状況を話しました。

本人は元気で回復に向かっている様子も話ました。


以前に「複雑な思い」(←こんな事があったので)の件もあり、

「今度病院に行った時に、本人の声を聞かせますね。」

っと言って電話を切りました。


っで、病院から電話を入れました。

「○○さんのお宅ですか?私emiriです。」っと言うのですが・・・

「えっ?誰?」

「あのぅ、emiriです。」

「えっ???」っとわからない様子。


「○○(←主人の名)の嫁のemiriです。」っと言ったところ

「あぁ~~。」っと、ようやく理解。


「今、母にかわりますね。」っと渡し席を外したんですけどね。。。




なんなんだかねぇ~~。


名前も分からん嫁があなた方の大切な人の

面倒を看ているわけですから・・・



○○の嫁が・・・ねぇ。




ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ



それぞれの時間

昨日のお粥の一件でジィさんは鼻息も荒いまま

今朝もデイに向かった。

「わしが話をつけるけん。」っとおっとこ前な言葉だ。


デイの連絡帳の返事は・・・

【本人は20日、23日の両日ともお寿司を希望したようです。

本日お粥が提供されたことは、

何かお話しの行き違いがあったかと思われます。

23日のクリスマスはお寿司でお願いします。】

っとだけ記しておいた。


「じゃあ、私からは何も言わなくていいんやね。」っと聞くと

「うん、わしが言わにゃあ、気がすまん。」


プクク(* ̄m ̄)ククク。。。なんかね、ブツブツ言いながら、

それでも、ジィさんはいつものようにイソイソと出かけて行った。


前日に幼稚園でケンカをして帰ってきた子供を

翌朝、送りだした時のような気持ちだった。



っで、もぅ一人の子供、病室移動をしたバァさんの元へと向かった。



続きを読む "それぞれの時間" »

明日が怖い

ジィさんのお粥の件で連絡帳を見ていると携帯の呼び出し音。

あっ、デイからかな?っと見ると病院の表示。



バァさんの病院からだ。


何かあったのだろうか?


ドキドキしながら出ると・・・



「とみさんですが、本日病室を移動して頂きました。」






ひぃえ~~~。。。きたぁ~。shock

バァさんの病院では容態が良くなると4階の病室へと

移動になるのです。

っが、しかし、その病室移動については数々のエピソードがあるのです。


ちなみに 

  ・ ヒステリック婆さん

  ・ 隣のベッドの人は・・・ 

  ・ 恐怖の病室移動

  ↑このような感じです。


私、今日はゆかちゃんと「食の探訪」につき

バァさんの病院通いをお休みさせて頂いたのです。



こ、このタイミングで移動ですか?


昨日、ジジィが言いました。

「バァちゃんがのぅ、お饅頭を持ってきてくれって言っとった。

薬が苦いんじゃとう。。。

こんなちっちゃいのでいいけんね。」

っと人差し指と親指を丸くして・・・


「何かいるものはない?」っと聞く私に、

「いや、動けんけぇ、何もいらん。」っと言ったババァなのに、

お口だけは元気なのね。


↓ コレの事を言っているのです。







続きを読む "明日が怖い" »

お粥デイ

1

201112202

今日はジィさんのデイではクリスマス会だった。

ご機嫌で帰ってくるのかと思いきや、すんごい剣幕で帰宅した。

「金曜日もお粥じゃと、わしはデイに行かんけんね。」

(火・金とクリスマス会の予定です)


お粥??なんのこっちゃ?


「今日はクリスマス会でしょ。なんでお粥なん?」

「わからんけんど、わしだけお粥じゃった。

みんなお寿司やハヤシライスを食べとるのに。」

201112203

  ★ ちなみに↑が予定のメニューでした。


「ジィちゃん、土曜日の診察で先生に何か言われた?」

「いいや、何も言われとらん。」


ジィさんのデイの日を月水金にプラスして火・木も増やしました。

それはバァさんが入院中、私が仕事の期間を

一人家に置いておくのは心配だからです。


どうしたことだろう?ジィさんだけお粥とは?


「わし、○○(←デイの偉い人)に言ってやったけん。

扱いがおかしいじゃろって。」

ま、まぁ、ジィさんなら黙ってないだろうが・・・


それで連絡帳を確認してみた。

【本日ご本人様ご希望でお粥を提供させて頂いたのですが、

どうしてもお寿司がいいとの希望があり、お寿司を提供させて頂きました。

23日(金)のクリスマス会も同様にお寿司を希望されていますので、

それで対応させて頂いてよろしいでしょうか。】


ご本人さま希望?

「ジィちゃん、希望したん?」

「いいや、しとらん。」


う~む。。。

先日も↓このような事があった。






続きを読む "お粥デイ" »

不思議なご縁

201112191

201112192

201112193

ランチ。友達や家族、気心知れた間での楽しいひととき。

しかし本日のランチ、初対面の方と初対面とは思えぬ雰囲気の中、

和やかに頂いてきたのですぅ。


なんのこっちゃ?って感じでしょ。

話せば長くなるのですが・・・←いつものことだと?


それは

201112195

↑この「喜久福」のお菓子から始まったのですぅ。

続きを読む "不思議なご縁" »

罰金700円

201112151_2

700円です。なんてこっちゃない700円です。

ところがコレ、私のお肉ですぅ。

そぅ、今日は15日。

私、ダイエット友のreiちゃん

とんでもない約束をしていたのですぅ。



続きを読む "罰金700円" »

充実の1日

201112141

あぁぁぁ~のんびりするぅ。

私のリビングだぁ。ノートパソコンも自分の場所を主張している。


ほんとはさ、ずっとココは私の居場所だったんだよねぇ。

ジジババが来る3年半前までは・・・



よくもまぁ、あんな狭い、暗い、寒い秘密基地(寝室)生活

耐えてるもんだぁ、自分を褒めてあげたいよぉ。



ご心配をおかけしたジィさんの熱は昨夜から平熱に戻りました。

「今日だけ休んでおけば・・・」って言っても←心にもない言葉だがsweat01


「熱もないし、元気じゃけぃ行く。」←期待どおりの言葉が返ってきた。


ほんとジィさん一人だと楽だぁ。


朝からは家事がどんどんはかどった。

ピーの昼食を作り(冬休み前の短縮授業)

私だけ先に済ませると、病院のバァさんの元へ向かった。

続きを読む "充実の1日" »

行ったり来たり

ベランダで植木の手入れをしていると電話がなった。

デイサービスの看護師さんからだった。

(今週からジィさんは月~金の週5日出勤?なのだ)


「ハルさん(ジィさんの名)が38度6分の高熱なのですが、

迎えに来ていただけますか?」


Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。。。い、いきなりですかいっ!


デイも幼稚園と同じで発熱するとお迎え電話があるのですぅ。


「今日は外来は院長先生でしたっけ?」っと聞くと

「今日は○先生、△先生、□先生になっていますねぇ、

受診されるのなら、先に受付を済ませておきましょうか?」っと、

病院系列のデイならではフォロー。


慌てて家を出たのですが、病院に向かう途中、

ぎりぎりまで煮ていたピーの昼食の煮込みハンバーグ、

ガスを消したかどうか気になって・・・気になって・・・。


で、Uターンして家に戻り確認しました。

はい、こんな時って消しているんですよねぇ。


先にバァさんの病室に顔を出しました。

201112133

バァさんは術後の貧血がひどく、輸血中でした。

看護師さんが来られ、術後の様子を詳しく説明してくださいました。


貧血はあるけれども、痛みはなく

予定どおりリハビリに入れそうだということです。


あと1時間くらいで昼食だというので、

その頃には戻って食事介助をする旨伝え、


ジィさんの待つデイへと向かいました。


続きを読む "行ったり来たり" »

鯛とサンタ?

Photo

バァさんの手術は午後2時からだった。

心細いだろうと1時前には病室に入った。

すると、看護師さんがバァさんの荷物を移動させていた。


術後はナースステーションに近い病室で管理されるようだ。


「後は私がやります。」っと移動した荷物を

バァさんのクローゼットに整理していると・・・

何やら見慣れぬビニール袋。

しかも室内の暑さのせいで、ニオイまで放っていた。

すでに想像はついたが恐る恐る中を覗いた。

くさりかけたバナナが3本とみかんが1個。


Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。。。。あのくそジジィannoy

(デイのスタッフの方が散歩がてら、面会に付き添ってくれる)


手術前の絶飲食の状態だと言うのになんという差し入れなんだぁimpact


今回は心肺機能の衰えに誤嚥性の肺炎が心配なため

食事関係は全て病院の管理の下にあるというのにぃ~。


「ば、バァちゃん、ゆうべから何も食べてないよね?」っと確認すると、

「うん、動けんもん、食べられんじゃろ。」の言葉。

動けたら食べるんかいっpunch


そうこうしていると、手術のお迎えの看護師さんがやってきた。



「すぐ終わるからね、がんばってね。」っと言うと、



まな板の上のshineshineじゃねぇ~。」っという言葉を残し

バァさんは手術室へと消えていった。


????まな板の上の鯛??鯛?鯛?

  どんだけ大物やねん!!punch



主人と二人で大爆笑した。


そこへ、♪ゆき~つ~ば~き~♪っと演歌が聞こえてきた。




手術室のフロアの端っこが吹き抜けのガラスで

下を覗くと・・・・・

続きを読む "鯛とサンタ?" »

バァさんが分からん

201112115

蟹、美味しかったか?」バァさんの本日の第一声ですわぁ。

お、憶えているし・・・sweat01

昨日の帰りに、「今日は福井から蟹が届くらしいよ」

っという話はしたのです。

「わしの分はピーにやってくれっ!」(←私じゃアカンのかannoy

っとバァさんは確かに言いました。

まさかそんな事を記憶しているとは・・・shock



「今年は残念じゃったけど、来年は倍、食べるけんね。

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。。。何?その前向きな気持ちは・・・。


昨日のあの訳の分からん会話は何だったのだろう?

今日のバァさんは別人のようだ。


昨日の帰りがけ、私達と入れ替わりに

バァさんの大好きなリハビリのM先生がやってきた。

何か素敵な魔法shineでもかけられたのだろうか?






続きを読む "バァさんが分からん" »

蟹~♪

Photo

届きました~v(。`・∀・。)vィェィ

福井の義姉ファミリーからの幸せの宅配便です。

今年の蟹、何?にらんでる?怖っ!

Photo_3

がんばれ~ダーリン。家族の為に戦ってくりぃ。

Photo_4

Photo_5

むふっ・・・プクク(* ̄m ̄)ククク。。。。笑いが出るぅheart04

笑いが出るけど、静かな食卓です。

なんで蟹を食べる時って、無口になるんだろう・・・


バァさん、かわいそうに・・・このタイミングで入院とは。

っで、そのバァさんですが・・・

続きを読む "蟹~♪" »

バァさんの別荘入り

Dscf9742

この冬もバァさんは冬眠に入るかの如く、

病院という名の別荘へと消えた。


ご参考までに・・・←こんな感じ。

で、今年は2度目の入院です。前回は←こんな感じ。




しっかし今回の出発は慌ただしかった。

救急車のサイレンが近づいてきた。

「あっ、お母さん、あれうちの救急車と違う?」っと

興味津々のピー。

マンションのエントランスまで誘導に出てもらった。


玄関に現れた救急隊員の方は3名。

皆さん、玄関で靴の上からビニールのカバーを被せ、

そのまま部屋の中へと入ってきました。


ベッドから立とうとして尻もちをついたバァさんは

そのまま、前にも後ろにも横にも上にも動かせない状況となったのです。


ここに来て、初めての救急車要請です。


持ち手のあるハンモックのようなものに包まれて、

バァさんは座った姿勢のままエレベーターに乗せられました。


1階のホールに、ストレッチャーが用意されていて、

背もたれを起こし、姿勢をキープしながら

バァさんは救急車へと運ばれました。


かかりつけの病院に連絡はとるが、

引き受けて貰えない時は他の病院に移送することを

了解して欲しいと言われました。

幸いなことに、かかりつけの病院が引き受けてくれました。


「多分骨折でこのまま入院になるかと思いますが、

一緒に救急車に乗って行かれますか?」っと

一人の救急隊員の方が聞いて下さいました。


後の私の動きを心配してくれたようです。


「すぐに車で追いかけますので、よろしくお願いします。」と言うと、

「慌てなくていいですからね。」っと優しい言葉が返ってきました。

そして救急車はピーポーピーポーと音を立て、夜の混雑する駅前の道、

スルスルと渋滞をかき分けながら姿を消しました。



続きを読む "バァさんの別荘入り" »

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »