« マイナスイオン | トップページ | 深夜、トイレで・・・ »

何故?ラーメン!

「emiriちゃん、安売りしとったけんコレ買ってきたんよ。

晩御飯の時に作ってね。」っとジジィが買ってきたのは・・・


             ↓   これ

Dscn2292

木曜日の事です。

ラーメン?

そばもうどんも中華麺もパスタもアカンのに

ラーメンは食べるんかいっimpact

しかもコレ、味が違うのを選んでるし・・・

スープをいっぺんに作られへんやんsweat01


「うん。分かった。」って答えるのは簡単なことです。

しかし・・・

その日はピーは塾で8時半頃、主人は仕事で10時頃の帰宅予定。

温めるだけで食べられるカレーに決めていました。


ジジィの分だけを別に作ると、あの性格上、

次々とリクエストをしてくるのは目に見えてます。



「ジィちゃん、週末のみんなが揃う時でええやろか?

夕飯をラーメンにすると、何回も台所に立たなアカンから。」

っと言ってやりました。


すぐに作って貰えるものだと思っていたジジィは一瞬驚いた目をしました。

「うん。分かった。いつでもいいんよ。ジィちゃん火は使えんけんねぇ」

などと、こちらが気にする一言を言いやがりました。


そんなに食べたいなら・・・って仏心を出しそうになりましたが、

これは戦略だと思って、心を鬼にしました。



っで、土曜日です。

私達三人は遅い朝食だったので、ジジババの分だけ

お昼のラーメンを作ろうという事になりました。


「二人で1玉を分けてええか?」っと主人←はい。主人が作っています。

「いいや、ジィちゃんは一人で1玉食べる。」

「そんなに食べられるか?いつも残すやろ。」

「お腹空いとるけん、入る。」っとジジィ。


「バァちゃんはちょっとでいいけんね。」っとババァ。

バァさんの1玉の半分が微妙な量なのです。


主人が食べるには少ないし、私はラーメンの気分じゃないし・・・

「ええよ。分かったよ。ピーが食べるからぁ」っとannoy

状況判断の早いピー。


「こりゃ多いわい。」っとバァさん。

「ごちそうさま。あぁ、食い過ぎたわい。」っとジィさん。


だから、1玉を二人で分けりゃ平和に納まったものを・・・


この場合、一番迷惑を被ったのはピーだろう。


二人の食事量に関する究極の愚痴は⇒  これ!


ラーメンが食べられて、中華麺が食べられない。

ソレって何っ?!annoyannoy




« マイナスイオン | トップページ | 深夜、トイレで・・・ »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事