« 軟骨の唐揚げ | トップページ | お兄ちゃん »

山登り

Dscn1306


山登りは人生のようなものだと思った。

一歩一歩進むしかない。

Dscn1409


苦しく急な所を過ぎると、明るい陽の当たる場所に出たり。

Dscn1340


「○合目」の案内が、励みにもなり、

とりあえず頑張っていれば頂上が見えてくる。

Dscn1358



登りきった後の爽快感は格別だ。




今、私はジジババを背負い、先の見えない山道を

彷徨っているような気がする。


今、何合目なのかさっぱり分からず、

この重さがいつまで続くのか不安になり、

かと言って、山道にジジババを捨ててくわけにいかず・・・。


介護の頂上はどこにあるんだろう。



もぅ一つ気付いたことがある。




Dscn1499


登ると下りる時が来る。

黄昏に近づく。

ある意味、下りる方がきついのかも知れない。


う~む。。。私、何が言いたいねんやろ??


相当、参ってるよね。ここんとこ。




長い愚痴だと思って、付き合ってくださいましぃ・・・sweat01



« 軟骨の唐揚げ | トップページ | お兄ちゃん »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

頂上に行き着く前に 何度も峠越えがあったり ♪じ~んせい 楽ありゃ 苦もあーるさぁ・・・♪ってね。
でもね 峠に立つと 一気に空が広がるでしょ。
そして 下りにかかれば それまでの登りで見えていた光景は見えなくなるのよ。
上った先で見た風景を心に また 歩み続けるしかないのよね たぶん・・・。
 
まぁ 見晴らしの良いところで 思いっきり咆えて 発散してくださいまし。
そんなことしか コメントできなくてごめんね m(_ _)m

大事なこと言い忘れたわ。
間違っても 前にある山に向かって咆えちゃダメよ。
「○そば○ぁ ○そ○じぃ バカヤロウー!」 なんて咆えたら
自分にこだまが返って来ちゃうからね。
前方が よく開けて 見晴らしの良いところで咆えるのよ。

・・・って 何だか アタシったら emiriちゃんの愚痴で遊んでいるみたい・・・( ´艸`)プププ

大丈夫ですか?

山を降りることもできるのでは?
と無責任に思ってしまいます。

登る途中にキレイな水がわいていたり
一休みできるところがたくさんありますように。

☆majoさんへ

>♪じ~んせい 楽ありゃ 苦もあーるさぁ・・・♪ってね
そうそう、まさしくソレですね。その歌、好きなんですよぉ。

頂上の無い山は無いですよね。ただ、今、何合目あたりに居るんだろう。
それが分かればペース配分もできるんだけどぉ。
下山の余力を残しておかないと、黄昏て暗くなって、
何も見えなくなるんじゃ、切ない人生ですよね。
などと、根暗に語ってみました。
いいのです。こういう日もあって・・・ねっ?

☆遊んでくりっ、majoさんへ

>emiriちゃんの愚痴で遊んでいるみたい・・・( ´艸`)プププ
ヾ(~~|||) モシモシ・ま、まぁいいですけどねぇ。
こういう時はギャグにしちゃう方が気が楽ですよね。

>前方が よく開けて 見晴らしの良いところで咆えるのよ。
アハハ、そういう意味ではこの世界に繋がる小さな窓は
心のエベレストってところでしょうか?
majoさん、いつも受け止めてくれてサンキュっ( ^з^)-☆Chu!!

☆HanaSoraさんへ

>山を降りることもできるのでは?
そうですよね。別に登山するのにジジババを抱えなくてもいいのにね。
でも、登り始めたからには、自分で納得がいくまで戦わないと、
人生に悔いを残すような気がするんですよぉ。
その気持ちが一番厄介ですね。coldsweats01

>登る途中にキレイな水がわいていたり
そうそう、ソレです。今回の登山も写真を撮りながら登ったので、
すっごく時間はかかったけれど、いろんな景色を見られて得した気分です。
どんな時も自分の楽しみを持っている人って強いのかもです。

しっかし責任感が強いお方だね~emiriちゃんは。。。
介護登山途中でやめればいいのに・・・って私も思う。
(私自身に対する言葉でもあるの)
でも、それって言うだけなら簡単だし気持ち的にもやめたい!って思うけど出来ないのよね~。
なんでだろうね?
まぁ~あたしも同じで途中で投げ出せないんだけど。。
うちの爺さんはまた一歩進んでしまったよ。
進むのは覚悟の上だけど受け入れれない婆さんの言動や行動が私には辛いです。
ごめんなさい。。私の愚痴になってしまいました

金剛山、懐かしいなぁ。
小学生の時に、冬山登山で登りました。大昔やね。

ほんと介護は頂上の見えない登山だよね。
随分長く登り続けてるけど、頂上は母があの世へ旅立つ時なのか、
今は気付く事が出来ない何かが有るのかな?

母に対してよっしゃ任せとけみたいな、強くて優しい気持ちにりたいけど
なれないので、愚痴と弱音を吐きながら、登り続けるしかないね。

確かに山に登るのって、頂上まではいろいろ楽しみながら、足の筋肉と戦いながらという感じかも。
あとは降りるだけなのに、いつまでもきれいな景色を眺めていたいという心境かな。

emiriちゃん 一人で荷物全部背負って山登ろうとしてる気がする。
食糧班、テント班てな具合で、分担すれば少し軽くなるよ。
それに休みなしで、一気に登頂しようとしてるでしょ。
ここは、綺麗な花が咲いてるので一旦荷物をおろして休憩しま~す♪
お腹が空いたので、おやつタイム~♪
眠くなってきたので、ここで(テント張って)寝ま~す♪
なんてやってねconfident
客観的に見ると、この「山登り」のブログ見てると
「ああ、緑が綺麗だな~」 「マイナスイオン感じるな~」
「いい景色だな~」とすごく思えるよ。
背負ってるものは、重くて、そんな風に気楽になれないかもしれないけど
どうか休み休み登ってくださいな。

☆maちゃんへ

>しっかし責任感が強いお方だね~emiriちゃんは。。。
う~む。。。責任感かぁ。。。なんだろうね。
田舎で生きているのに死んでいるような顔をしていたバァさんを
見ていられなかった。そんな純粋な気持ちから始まった同居なんだけどね。
状況って変わるね。で、人も変わるね。
病気がそぅさせるのかも知れないけど、切なくなることばかりだよ。
何であの時、引き受けてしまったんだろう?って思う。
時間を戻せるなら、この道は選ばないと思う。

>うちの爺さんはまた一歩進んでしまったよ。
うん。この先、よくなることは無いものね。問題はバァさんだよね。
夫婦って何だろうって考えてしまうよね。
話すことで、少しでも気が紛れるなら、いつでも愚痴ってちょうだい。
そぅやって騙し、騙し、やってくしか無いんだもんね。頑張ろうね。お互いに。

☆satomiさんへ

金剛山、冬山登山で行きましたよね。そうそう、小学生でした。
帰り道、滑って転んだのを思い出しました。寒かったなぁ。
何十年ぶりかの金剛山ですよぉ。

>頂上は母があの世へ旅立つ時なのか、
>今は気付く事が出来ない何かが有るのかな?
私もソレを考えるのです。何も旅立ちを望んでいるのでは無く、
その今は分からない何かを探して疲れているのかも知れません。
強くなりたい。身体も心も・・・そんな思いからいきなりの金剛山です。
変なヤツですよね。クスッ( ̄m ̄*)

>愚痴と弱音を吐きながら、登り続けるしかないね。
そう。愚痴と弱音を吐くのって大切なんですよね。
深呼吸のようなものです。
たっぷりと息つぎをしなくちゃ酸欠を起こしちゃいますもんね。coldsweats01

☆ブルー・ブルーさんへ

そうそう、筋肉痛ね、3日後にきたよ。どういう事ぉ~shock
登りより下りの方が結構こたえるんだね。

>いつまでもきれいな景色を眺めていたいという心境かな。
登山ってあの達成感がたまらないね。
目の前の木々が開けて青空が見えた時・・・。
それだけで、疲れがぶっ飛んじゃうもの。到達した者だけが見られる景色。
分かりやすいよね。介護の先にはどんな景色が広がっているんだろうね。
それを確認するまでは登り続けるんだろうね。sweat01

☆すももちゃんへ

>emiriちゃん 一人で荷物全部背負って山登ろうとしてる気がする。
すももちゃん、あ~た、いい事言うねぇ。めっちゃ例えが分かりやすいshine
今ね、まさにその状態だよね。主人やピー、そして介護スタッフの皆さん
そういう食糧班やテント班に助けられて、休憩しながら登山してるもの。
うん、急いでいるのかも知れない。早く楽になりたくて。
手伝っては貰えてもおんぶを代わっては貰えない状況に
疲れが出てきたのかも知れない。
我がままなエイリアンを背負っていることに苛立ちさえ覚えて。

>客観的に見ると、この「山登り」のブログ見てると
へぇ~マイナスイオンかぁ。確かにね、久しぶりにいい経験したよ。
で、こういう時間を持ててる今は落ち着いているんだよね。
しっかりしなきゃねぇ。ホントに大変なのはこれからだよぉ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軟骨の唐揚げ | トップページ | お兄ちゃん »