« フレッシュ! | トップページ | ハイビスカス咲いた(2011) »

ガァオ~~!

20117262

20117261




            ガァオー!!!



っと叫びたくなります。

午前10時半ですが、ジジババには何時なんだろう?

しっかし、同じ格好で寝ています。

やっぱり夫婦やなぁ~。

バァさん、お尻の骨が飛び出しています。

また、痩せたな。



この景色、子供やったらかわいいんだろうけど・・・

1日の大半を寝ています。

多分、一番元気な時間帯は午前3時~5時頃かとsweat01



ふぅぅぅ~~。。。やってられんわ。


今朝、職場のトクちゃんから電話がありました。

「emiriちゃん、29日の暑気払い、行けそう?」


実はね、29日からまぐろ漁なんですけど、

その夕方に夏期恒例の暑気払いが予定されています。



それは月初の頃から言われてたのですが、

何しろ、私の場合、介護老人を二人も抱えているでしょ。

出欠がすぐには言えないんですよぉ。



主人やピーの予定が分からないもので。。。


一応は欠席で出しておいたのですが、

行けそうなら・・・ってことで、確認の電話をくれたのです。



「ごめ~ん。やっぱ行けそうにないわ。」

「そっかぁ~。」っとそれ以上は言わないトクちゃん。

うちの事情をよく理解してくれているんですよねぇ。


29日、主人は提出の迫った仕事で遅くなるそうです。

ピーは塾の夏期講習です。大金を払っているので休ませるわけにはweep




ジジババね、昼間なら放ってもおけるのですが・・・

夜が恐怖impactなのですぅ。っというのは・・・

ジィさんは夕食の時によく、誤嚥を起こします。

バァさんは夜、ベッドに入って寝始めた頃に誤嚥を起こします。

それで、もぅ二人とも何度か死にかけています。



おそらくジィさんは上手くごっくんができない誤嚥で、

バァさんは寝てしまった後、唾液が勝手に気管支に流れるようです。

特にデイのあった夜は疲れるのか、爆睡します。

そうすると、だいたい、夜中が大変なのです。


別に出かけたからと言って、何も起こらない時は起こらないし、

私が居ても何か起こる時には起こるのでしょうが・・・


万が一の事があった時に、

義姉や親せきから何を言われるか分からないですsweat01

何しろ大事な大事なジジババさまなので。


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。。。とはいえ、

な~んかね、切ないなぁ~sweat02

っと思いながら夕食の支度をしていたんです。



ぎゃぁぁぁ~~~っ!!!!っという叫び声。

リビングでテレビを見ていたピーが椅子から飛び上がり、

「お、お、お母さん、見て来てっ!!」

「??今のジジババの部屋?」

「うん。」

心臓がバクバクしました。

まさに断末魔の悲鳴なのですぅ。


おそらくご近所にもかなり響き渡っているかと思います。


恐る恐る、引き戸を開けると・・・

ベッドに座ってバァさんの方を見るジィさんと、

両目をパチリと開け、天井を睨むバァさんが居ました。


「ど、どうしたん?」っと聞くと

今、殺されるとこじゃった。」っとバァさん。

夢を見たようです。

ところがこれ、頻繁なのです。


一時、ジィさんが隣で眠れないとノイローゼになりかけたくらい。


ここまで大きな声の悲鳴を聞いたのは、

私は初めてなのですが、

ジィさんとリビングに居る時間の長い主人はしょっちゅうだそうです。


バァさんね、ここ最近パーキンソン病の方が進んだように

私には思えるのです。

お茶碗を持つ手の様子が少し違うのです。

自助具を考えないと・・・っと思えるほど・・・

そこにもってきて、情緒面で凹凸が激しいんです。


服の着替えを拒否する様子も、まるで駄々っ子なのです。

そして、眠ると起き始めるのです。脳が。。。


日頃は小さな声で何を言ってるのか聞き取りにくいのに

寝言に関しては、そこでしゃべっているように鮮明なのです。

まるで違う世界で起きているようなのです。


パーキンソン病の症状に関して、気になるサイトを見つけました。

←こちらは一般的に見られる症状です。

   実際に、バァさんの文字を見て、おかしいと思って受診したくらいですから。

←こちらが気になるのです。

   便秘、匂いを感じにくくなる、うつ症状、睡眠時の行動異常など

だからと言って、何ってわけでは無いんですけどね・・・


骨粗しょう症で骨がボロボロ・慢性気管支炎・パーキンソン病の3つを持ったバァさんと

肺がんで1年が経過し高熱と微熱を繰り返すたジィさん。


明日、何が起きてもおかしくないんですよねぇ。

かと言って、何も起こらないまま10年過ぎるかも知れないし・・・



来月の予定がはっきりと言える生活。

それって当り前のようで、幸せなことなんですね。




まぁね、極論を言えば、誰だって明日の事は分からんけどさ。


明日は明日の風が吹く♪





ひとりごとでした・・・happy01



« フレッシュ! | トップページ | ハイビスカス咲いた(2011) »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

今、この手の形は「がちょーん」じゃなくて、ガガって、この前ピンクレディとスマップで話してたねぇ。
29日、いきなり行けるって状態じゃないのね。
パーキンソン病って、手足が震えるのが特徴とだけしか知らなかった。
若いときに発病したマイケルJフォックスは、最近またテレビに出たりしてるから、年齢でも症状が違うのかもね。

☆ブルー・ブルーさんへ

「がちょーん」って、クスッ( ̄m ̄*)、なつかしい。

>29日、いきなり行けるって状態じゃないのね。
うん。ピーも主人も帰れそうにないからねぇ。
ジジババ二人だからね。それぞれにいろいろあるわぁ。

ジィさんね、一昨日のデイの後、お腹を壊してしまって、
食あたりなんだか、がんの転移なのか分かんないけど、
今日は復活してデイに行けたけど、帰宅後の様子が心配。
デイの日は二人とも、クタクタに疲れて帰ってくるの。

パーキンソン病はね、数種類の薬を組み合わせて対処するんだけど、
バァさんの場合は気管支炎や骨粗しょう症の薬等たくさん飲んでいるので、
薬の増量や変更には慎重になるみたい。
それにパーキンソンなのか認知症なのか?ってのもあって。
若くてほかに病気のない人には、天寿を全うするのも可能って聞いたよ。

はい!! 独り言が聞こえました~~。
ガァオー!!!
驚きますね~心臓がパクパクになりそうです。
誤嚥は本当に恐いですから気をつけて・・と言いながら どうしようも私たちには出来ないですよね。
でもお出かけしていてその間に何かあると・・という不安凄くよく分かります。
私は実母だったし誰にも文句言わせなかったし(笑)・・そんな事で昼間はピアノに行ったり
市民文化大学に行ったりして気分転換しましたが 
emiriさんはそれが出来ませんね。(母はもう意志の疎通が出来ませんでしたからね)

マグロ漁 もう直ぐなのですね。
一枚だけ 伏せ目のhanaですがアップしました。
少しだけ元気になってください。
emiriさんだけにお知らせ(笑)・・・hanaがおねえちゃまになりますよ♪
まだブログ発表はしていません。
来年3月が予定です♪

病気に良い病気も悪い病気もないけど、パーキンソン病って厄介な病気だとつくづく思います。
私の母も最近一段と病気が進んでいます。
薬の副作用とは別に脳が委縮して来ているとも感じます。

普段は聞き取りにくいのに寝言は鮮明というのは母にもあります。
奇妙な事をする時は睡眠が浅くそれが続くと爆睡する日が有り、脳がデトックスされて
少しましになるという感じです。脳の不思議を感じます。

お爺ちゃんとお婆ちゃん昼間寝てばかりなんですね。
私の母は転んでばかりなのにじっとしていなくて、家の中ではあちこち磨いています。
他の所はよだれで汚し、トイレも汚しているのにです。
それにすぐに庭に出て草むしりをします。這いつくばってしています。
雨が降って来ても止めません。
ひどい娘と思われるやんと思ったり。体裁を考えます。

近所の人に放射線大丈夫と聞かれました。80過ぎてるし、したいようにさせてます。
庭で硬直する時があるのでその時は救出に行きます。
あんまり長くするので呼びに行くと無視されます。
関西弁で大きい声で母に話しかけているので、近所の人には怖いなと思われているだろうし
気持ちに優しさが無いので実際に怖いと思います。
ここでも体裁を気にしてこれがストレスになってます。

昼寝してくれると楽なんだけどと思うけど、昼に寝てばかりいられるのも楽ではなさそうだね。
しないでね(危ないから)と言った事をして、しといてねと言った事をしてないって事無いですか。

ああもう嫌だという事の繰り返しですね。
emiriちゃんとお酒を飲んで愚痴の言い合いしたいです。

全然関係無い話だけどemiriちゃんの近くに住んでいる友達が、春に怪我をしてemiiriちゃんの
お爺ちゃん達が通院している病院の整形外科に通っています。emiriちゃんとすれ違ったかもとか
その人と別の友達に私より5歳くらい年下の妹がいたので、emiriちゃんと中学で同級生だった
かもなんて介護の合間に考えて、喜んでいます。◯堂に住んでいた3姉妹です。

☆yasukonさんへ

う、うっそぉ~。hanaちゃんがお姉ちゃんになるんですかぁ。
わぁ、良かった~。そりゃyasukonさん、楽しみがまた一つ増えましたね。
来年の3月かぁ、桜の頃ですね。
うれしい報に触れると幸せな気分になります。ありがとう♪cherryblossom

っで、その後にジジババの話しで恐縮ですが・・・( ̄∀ ̄*)イヒッ
>驚きますね~心臓がパクパクになりそうです。
バァさんの断末魔の悲鳴ね、私は初めて聞いたのですが、
主人やジィさんが言うには頻繁にあるそうです。
あの声が頻繁だと、かなりきついですよぉ。ほんと心臓がバクバクです。
あの「殺される夢」って、結局誤嚥で息が詰まったのか?などと想像してしまいます。
昼間はね、あんまりこの症状が出ないんで、今はで歩いています。
二人を前に昼も夜も食事を一緒にするのは辛いですsweat01
ほんと、この先、この二人がどんな風に変わっていくのか、
どれぐらいの時期を要するのか、全く分からないのがストレスです。

「おまけ」ありがとうございました♪クスッ( ̄m ̄*)
hanaちゃん、もぅすっかりお姉ちゃんですね。
見てるだけで、こちらの顔がほっこりします。何よりです。happy01

☆satomiさんへ

良かったぁ~、来てくれて。待ってたんです。
satomiさんなら、バァさんのこの症状が分かるかと。
リンクのサイトでも睡眠時の異常行動ってありますが、
この頻繁な悲鳴が異常行動にあたるのか?とも思え、でも普通じゃないんです。
>薬の副作用とは別に脳が委縮して来ているとも感じます。
はい。その脳の委縮です。↑にリンクを貼っていますが、
バーキンソンの専門病院でも、また、田舎の病院でも脳の委縮を言われてます。
それが、どんどん進行してきているようです。
今は私がすっかり母的存在のようなんです。
子供が親に甘えるようにわがままを繰り返します。

>庭に出て草むしりをします。這いつくばってしています。
わぁ、それも大変ですね。
私の中では寝たきりに近いイメージを持っていたのですが、
そうですかぁ、そういう状態なのですか。
その体裁を気にする気持ち、すっごく分かります。
それに、うちも二人とも耳が遠いので、大きな声でゆっくりと話さなくてはなりません。
ご近所の方には、怒っているようにとられているんじゃないか?って、時々思います。

>emiriちゃんとお酒を飲んで愚痴の言い合いしたいです。
私も同じ気持ちです。satomiさん、帰阪の予定は無いんですか?
ホント、ゆっくりとお話がしたいです。

>お爺ちゃん達が通院している病院の整形外科
担当はもしかして、竹内力さんの若い頃に似たおっとこ前な先生?
わぁ、○堂の三姉妹?誰だろう。確かにあの辺りも通学区域でした。
でも5歳も違いますかぁ?プクク(* ̄m ̄)ククク

「秘密基地にようこそ」に関してのコメントですが・・・
私もガァオ~!!!と吠えたいわっ!
最後に私をあんな形で登場させておきながらコメント欄閉じるなぁ~~っ!!!
グスン。。。本当はデリケートな心を持つ私なのに。。。
土曜日の出勤時、ブーブー座布団置いてやるっ!ふんっ!

☆nakaちゃんへ

あぁ、今頃盛り上がってるんやろうなぁ。
その様子が目に浮かぶわぁ。

私はいつまでこのジジババに自由を奪われるんやろう。
なんかさぁ、切なくなってきたよ。
帰りにね、車で聴いていた福山さまの曲のフレーズ
♪ひ~と~りぼ~っちだよぉ~そんな気分だよぉ~♪
っが頭から離れない。

っで、何ですと?ブーブー座布団?古っクスッ( ̄m ̄*)
うぅ~笑わせてくりぃ。何なら抱きしめてくりぃhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレッシュ! | トップページ | ハイビスカス咲いた(2011) »