« そんなこんなで・・・ | トップページ | 幸せになるよ♪ »

時計とハイビスカス

P4140109

例えるなら ↑ こんな感じ。

はい、主人と私の関係ですわぁ・・・。



昨日の朝、主人とジィさんは早くから出かけました。

ショッピングセンターのオープンに合わせて・・・。


その前日に主人がひとこと言いました。

「ジィさんの時計の電池が壊れたようや。

電池だけで3000円するんじゃ、新しいのを買う方が得かもなぁ。」


不吉な予感はあったんです。

うれしそうに、はしゃいだ声でジィさんが帰宅しました。

っで、和室に行き、バァさんと何やら話しています。

するとバァさんがベランダに居る私のところにやって来て

「emiriちゃん、ありがとう。あんたぁ~また高いものを・・・」

???何のこっちゃ???

でもまぁ、話しの雰囲気からすると察する部分もあり・・・

「いえ、喜んでもらえて良かったぁ~。」などとお茶を濁しました。

そうです。主人がジジィに父の日のプレゼントとして時計を買ったのです。

「この時計の電池は10年もつそうじゃ。」っとジジィ。

「そんじゃあジィさん、長生きせんとなぁ」っとババァ。

めまいがしそうな二人の会話に追い打ちをかけたのがその値段でした。

そりゃ、高い時計に比べりゃ安いけどさぁ~。

今月ジィさんの入れ歯に3万は飛んでいくっちゅう時にぃwobbly

気を取り直して平静を装っていました。

しかし、次の瞬間、私は切れました。


それは夕方買い物のついでにホームセンターに寄った時です。

「今年はハイビスカス咲くかなぁ~。」っと言った私に

「あっ、アレ、捨てたよ。」っと軽く主人。

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。。。。。。。。。今、なんと・・・

「だって、アレ、枯れてたもん。」

くぅぅぅぅ。。。軽く言いやがってぇ!!

確かに今年は厳しい状況だったかも知れんけどぉ・・・

あれはジジババとの同居が始まってこの3年、

ずっと私を支えてくれていた特別な花なのですぅ。

因み ↓ こんな感じ

 ・ ハイビスカス咲いた(2008)

 ・ ハイビスカス咲いた(2009)

 ・ ハイビスカス咲いた(2010)

奇蹟を信じていたのにぃ~。当然、冷戦状態です。


原因が時計にあると勘違いしているのか・・・まぁ、ソレもあるけど

昨夜、洗いものをしている私の横にジジィがやってきて、

「emiriちゃん、時計ありがとう。大事にするけんね。」っと泣かせることを。

そして今日もまたバァさんが、秘密基地のドアをノックして

「emiriちゃん、私、時計のありがとうを言ったかねぇ~。」っと立っている。

「昨日も言ってくれたやん。」と言うと

「そうじゃったかねぇ。高いもんをありがとうね。」と繰り返す。


モノ忘れが酷いので、何度も何度も同じ話を繰り返します。

多分、あと何回かありがとうを聞くと思う・・・


しっかし、ハイビスカスの無い夏は寂しいやろうなぁ~。

私も最近、モノ忘れが酷いので、

恐らく、何度も何度も主人の耳元で

あぁ~ハイビスカスannoyっとささやくことでしょう。







« そんなこんなで・・・ | トップページ | 幸せになるよ♪ »

日常のひとこま」カテゴリの記事