« 朝陽 | トップページ | 介護実習体験記(グループホーム編) »

愛は勝つ

あの震災以来、ずっと連絡のとれないヤツがいました。

私は5月1日生まれで、そいつは5月9日です。

もの心ついた頃から一緒でした。

ったく、頭にくるほど心配しました。


彼女にこんなにハラハラさせられたのは2度目です。

かつて・・・日航機墜落事故がありましたが、

彼女はその飛行機の次の飛行機で伊丹に降り立ちました。


遠距離恋愛に反対する彼女の両親。

私と遊んでいることになっていたので

飛行機で茨城まで彼に会いに行っているのは

私しか知りませんでした。


家でのんびりしているとニュース速報。

今のように携帯の無い時代です。

確か帰りの飛行機の時間が・・・っと血の気の引く思いでした。

居てもたってもいられず空港に向かいました。


到着ロビーで祈るような思いで立っていると

ポカ~んとした顔でアイツがやってきました。

なんで怒られているのか分からんまま

鴨なんばをおごってくれました。クスッ( ̄m ̄*)

  ↑鶏が苦手な私が鳥を食べているから不思議


そしてその茨城の彼と結婚し、今回の被災です。

両親とも亡くなっているので実家は無く・・・

家の電話の不通は停電のようですが

携帯の方は、前の携帯が壊れた時に

アドレスが分からなくなって変えたそうです。

 ↑知らせて来いっつぅねんannoy


とりあえず一つ、心の陰りが取れました。

震災で道を隔てた向かいの家は半壊だそうです。

彼女の家は家具類は倒れたけれど家は残っているそうです。

ただ余震に持ちこたえられるかと心配していました。


水道が午前と午後に1時間だけ出るそうです。

停電でエアコンが使えず

慌てて石油ストーブを買いに行ったそうです。

1台だけ残っていたのでラッキーと喜んだのも束の間、

今度は灯油が手に入らないと嘆いていました。

ただ、家が残ってくれたことが幸いだと。


テレビで報道されている内容がそのままそこにありました。

こんな生活、いつまで続くんやろう・・・

それが分からないのが一番しんどいよね。


でも、生きててくれて良かったよ。shine

« 朝陽 | トップページ | 介護実習体験記(グループホーム編) »

日常のひとこま」カテゴリの記事

コメント

無事だとわかって読むから、ちょっと笑えるけど、これから先が心配だね。
私ブログにコメントくれる、せいパパさんは同じ茨城だけど、割と早くライフラインは復旧したそうです。
職場も水が出るようになったみたい。
茨城でもまだまだ大変なところが多いみたい。
せめて余震がおさまればなぁ。
でも、ほんとうに無事だとわかったことがいちばんだよね。

☆ブルー・ブルーさんへ

あのぅ、ちょっと笑えるけどってどこで笑えるんだ?
多分、生きているだろうとは思っていたけど、
ケガでもしてないかと心配していました。
茨城でも被害は地域によって様々だって友達も言ってました。
避難所には食糧は届いているみたいだけど
家もあるので自力で頑張っているそうです。
今、余震と放射能が何より怖いと言ってました。
ほんと、これからが心配だわぁ。

いや、鴨南蛮を食べてるemiriさん・・・

お友達が無事だとわかって良かったね。
私も読んでてほっとしましたconfidentheart01

☆ブルー・ブルーさんへ

鴨なんばね、クスッ( ̄m ̄*)ここだけの話よん。
何を隠そう、出てくるまでどんな食べ物なのか分かってなかったのかも。
友人の注文したその「カモナンバ」って響きにつられてつい・・・
カモって言うくらいだから鳥じゃんね。
後にも先にもこの時だけかも。coldsweats01

☆すももちゃんへ

ほんとメールすら最近は無くて、最後に会ったのは
彼女のお父さんのお葬式の時だから3年近く前だわsweat01
アドレス変わったら普通知らせるよね。
ってか、壊れたから連絡のとりようが無かったらしいけどsweat01
まぁ、彼女らしいと言えば彼女らしいんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝陽 | トップページ | 介護実習体験記(グループホーム編) »