« 姫の心 | トップページ | 再びの・・・ »

信号待ち

Photo

仕事帰り、信号待ちの空を眺めながら考えた。

今日はバァさんの病院に行くのはパスしようと・・・。

仕事中に携帯が鳴った。

バァさんの入院する病院からだった。

第一連絡先が私の携帯になっている。

何事かとドキドキしながら出たところ、

バァさんの病室が3階から4階へ移動になったという連絡だ。

それは容態の回復を意味するとともに、

あの病室移動の際の

ヒストリックな状況(  その1その2その3 )も予想された。

            ( ↑ ご参考までに・・・怖いよぉ~sweat01

今日はとてもバァさんの言葉を優しく聞く余裕が無い。

疲れている・・・。

今朝のジィさんだ。

Dscf5166

デイのお迎えをベランダで待っている。

「中で待っていないと、ピンポーンが鳴っても聞こえないよ。」

「い~や。ここから見えるけん、いいんじゃ。」

いつものやりとりだ。

結局、人の言うことを聞かない。

仕事に出ようにも、後の事が気になって出るに出れない。

バァさんの入院中だけでもお迎えの時間を

あと10分早くして貰えないか頼んでみようと思う。

それから、ダメ元で

ジィさんの介護保険の区分変更の申請をもぅ一度出すことにした。

またダメでも何度も何度も申請するつもりだ。

私が壊れるかどうかのギリギリの賭けなのだから!!impact



« 姫の心 | トップページ | 再びの・・・ »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事