« 来訪 | トップページ | 食の探訪 2月編(H23) »

お腹の具合?

昨日、バァさんを見舞った帰り、ケアマネさんを訪ねました。

主人が珍しく積極的に言うのです。

「ジィさんの区分変更、ダメ元で、もぅ1回申請しないか?

要支援やったら、何も利用でけへんぞ。」

どうも、雑誌の特集で↓のような記事を見たようです。

Dscf5090

ジィさんは要支援2です。

私達が体調を崩してジィさんを施設に預かって貰おうと思っても

要支援2では、

特別養護老人ホームも、介護老人保健施設も、介護療養型医療施設も

どこにも預かってもらうことはできないのです。

とにかく、要介護の認定だけでも頂きたいところなのです。


その話をケアマネさんに切り出したところ・・・

「う~む。。。難しいと思う。」っと後の言葉がありませんでした。

仮に出たとしても要介護1がやっとの状況、

その程度では上に掲げた施設の入所は難しいそうです。

せいぜいデイに週3回、通えるのがやっとのレベルだそうです。

ま、まぁ、それはそれでいいんですけどねcoldsweats01

でも、介護保険のシステムっておかしいですよ。

認定調査って一人の老人の心身の状況しか見ないでしょ。

その人にどれだけ手間がかかっているか・・・

うちのように一軒で二人の介護老人を抱えていても

そんな事は全く考慮されません。

介護する側の身体は一つしか無いのに・・・

病院ではバァさんが毎日私の訪ねるのを楽しみに待っている。

家ではいつ高熱を出すか分からないジィさんを抱えている。

生活があるので、仕事は失くせない。

どうしろと言うのannoy

「ここに連れてきたらどぅ?」っとケアマネさん。

「ここ???」

「うん。ジィさんが熱を出したら、ここに連れてくるの。

幸い主治医は院長で、入院の権限を持っているんだもん。」

「それ、前も言ったけど、上手く伝わらなかったみたい。」

「あぁいうタイプはハッキリと言わなきゃダメよ。」

「入院させて下さいって言うの?」

「ちゃう、ちゃう、そんな言い方したら断られるってぇ。

家で看ることはできないんです。って言うの」

???どぅ違うわけ?って思うのですが・・・

分かりました!flair」と何やら決心したかのようなケアマネさん。

男というのは、お腹が空いている時にややこしい話をしてはダメ。

お腹がいっぱいで、幸せな気分の時を見計らって、

私の方から院長に、emiriちゃんちの家庭の事情は切々と訴えてみるわ。

だから、ジィさんが熱を出したら、とにかくココ(病院)にすぐに連れてくること。」

ややこしい話は、

お腹がいっぱいで幸せな気分の時にかぁ~φ(..)メモメモ

これ、他でも使えそう・・・coldsweats01

区分変更の話をしに行ったのですが、

何やら意外な方向へと話が進みました。まっ、いいか( ̄∀ ̄*)イヒッ



« 来訪 | トップページ | 食の探訪 2月編(H23) »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

ジィさんのお腹の具合でも悪くなったのかと思ったよ。
私も一緒の病院に入院がいちばんだと。
あのぉ、うちの主人もお腹が空いていると機嫌が悪いよ。catface

ためになる語録ですね~(笑)
たしかに、男はといより人間はお腹が空くとイライラですからね。私も(笑)

頼りになるケアマネさんですね~。
ケアマネさんが変わってから意思疎通が前より心配とおっしゃってた
ケアマネさんでしょうか?
いろんなシステムも、お金が絡んでいて個々の事情までは
察してくれませんからね~^^;
でも頼みの綱があるって心強いですね^^

あ、なんかわかる~
男の人って、お腹すくと怒りっぽよね( ´艸`)プププ
中学時代のBFと空腹時にケンカしたことを思い出したcoldsweats01

お腹が満たされてる時にケアマネさんに頑張ってもらいましょdash

☆ブルー・ブルーさんへ

あははは。タイトルね。確かにお腹を壊したかと心配するよね。
大丈夫。お陰さまでジィさんはすこぶる快調よ。scissors
>私も一緒の病院に入院がいちばんだと。
うん、そぅ出来れば、こんなに助かることは無いよね。
通うのも一か所で済むし・・・
取り越し苦労は止めようって思うんだけどね、まぐろ漁が近づくと
ジィさんの体調が頭痛の種だわぁ。
>あのぉ、うちの主人もお腹が空いていると機嫌が悪いよ。
クスッ( ̄m ̄*)ハイハイ。←軽くスルーbleah

☆月子さんへ

>ためになる語録ですね~(笑)
でしょう。何か説得力がありますよね。家でなら使えるけどsweat01
院長に交渉ってことは・・・いつ院長はお腹がいっぱいなんだ?
こりゃケアマネさんしか分からん部分ですよね。
>意思疎通が前より心配とおっしゃってたケアマネさんでしょうか?
そうそう。あの方ですよぉ。
多分ね、ケアマネになってすぐぐらいにうちを担当したんだと思う。
何かを相談すると、不安が先に立つのか、浮かぬ口調になられてました。
最近は少しづつ自信がついてきたみたいで、頼りにすると
「任せとけっ!!」って感じで頼もしくなります。
私もだんだんと接し方を心得てきたのかも知れませんbleah
介護者を抱える家族にはケアマネさんが頼みの綱ですもんね。

☆すももちゃんへ

>中学時代のBFと空腹時にケンカしたことを思い出した
(´ρ`)ぽか~ん。。。
もしもし、頭の上に吹き出しが付いてるでぇ~。
また遠いところまで飛んでったんだね。sweat01

>お腹が満たされてる時にケアマネさんに頑張ってもらいましょ
なんやかんや言いながら、いつも引き受けてくれるケアマネさんなん
ですよ。
多分、うちを担当したことが、かなり彼女の成長に繋がっているかとsweat01
はい。感謝です!

本当にケアマネさん次第ですネwobbly
実家の父のケアマネさんは比較的若い(30代)の男性で
かなり頼りになります。
何かあると直ぐに駈けつけてくれて、母がどうしたら一番
楽に父の介護ができるか、色々考えて提案してくれます。

義母の最初のケアマネさんもいい方でしたが、介護者より
デイやステイの施設の事を優先に考えたり、自分の手続きの
事ばかりを優先しているように感じました。
その人がケアマネを辞めると言うので、次のケアマネを決めましたが
最初のケアマネさんが勧める人ではなく、医師会に所属する
元看護師さんにお願いしました。
この人はとでも出来る人だと感じました。
先のケアマネから我が家は面倒だという伝言がいっていたようで
色々心配をしてくれましたが、今は施設に居るのでそこの人が担当です。
我が家の場合、施設に入るときもそうでしたが、デイやステイの施設の人が
調査に来て下さったときに私の事情を説明したら、優遇して下さったように
思います。
地域によって介護認定の度合いなども様々で、最近は介護基準が
厳しくなったと聞いています。
どうなのでしょうか?

・・長くなりゴメンナサイ。
何が一番言いたいかと言うと
義父の言葉に「バアチャンがお腹をすかすと怖いから・・・」
でした。
そういえば、怖い事が何度もありました。
やはり「お腹の具合は大切」ですscissors

私もメモりました。
お腹がいっぱいのときにややこしい話ね。

一緒の病院がいいですよね。
ホント日本の制度って、何もかもいけてない!
今日も会社でその話していたところでした。
本当に助けるべき人はだれか、を主軸においてほしいですよね。

☆どすこさんへ

>何が一番言いたいかと言うと
>義父の言葉に「バアチャンがお腹をすかすと怖いから・・・」
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!それかいっ!・・・っと一応突っ込んでみました。
義父さま、家事なんかも手伝われて温厚な方だったんですね。
たった一行なのにお人柄が伺えました。

っで、ケアマネさんの体験談、いろいろと参考になりました。
うちは以前の方は実家の父の終末期在宅介護からのお付き合いです。
病気の事に詳しかったので、医療系の経験の後ケアマネになられた方かと。
病院とのパイプはしっかり出来ていたようです。
今のケアマネさんはヘルパー経験の後、資格を取られた方なので、
しきりにヘルパーを入れる事を勧められます。
私的には病院とすぐに連携して頂ける方が助かるのですが、
こんな風に一生懸命になってくださるので、信じてお任せしようかとsweat01
ケアマネさんも仕事の数をこなして自信をもっていかれるでしょう。
うちのW介護ってとても参考になるようです。
↑ってのんびり構えてる場合じゃないんですけどねcoldsweats01

☆HanaSoraさんへ

>私もメモりました。
クスッ( ̄m ̄*)。。。昼食後が狙い目ですね。

>ホント日本の制度って、何もかもいけてない!
家政婦さんなんかをつけている、苦労知らずの人が
机の上で考えているって感じでしょ。
だいたい年金がね、1ヵ月7万くらいなんです。
月20万もする施設にどぅやって入れっていうんですかね。
うちなんて二人で月40万ですよ。
在宅で介護しなきゃしょうがないでしょ。
っで、二人の介護老人を抱えていても、介護度って優遇されない。
今のように、二人がバラバラになった時、
私には病院でも家でも介護って時間がつきまとうんです。
住宅ローンや子供の教育費があるので仕事は辞められない。
どぅしろと言うの?って感じでしょ。
働く年代が働けずにいる国って破たんしますよね。
高齢化社会は予想された事なのに対策が遅すぎやっちゅうねん。
あぁ、思い切り愚痴ってしまったcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来訪 | トップページ | 食の探訪 2月編(H23) »