« 天の邪鬼(あまのじゃく) | トップページ | 大阪のおばちゃん »

雨に濡れて・・・

今日はジジババ二人を連れての通院日でした。

ぎりぎりまで主人の休みが危うい状況でしたが

ジィさんの病気の進行が気になるのか

無理をして休みをとってくれたようです。

ちょうど2、3日前から私、肩から首にかけて痛くてぇ

車の運転がとても辛い状況だったので助かったんですけどね・・・

ここから愚痴です。聞いて下さいまし。

今日はこちらはすんごい雨でした。

予約時間は10時でしたが、病院での2~3時間待ちは当たり前です。

内科を終えた段階で12時前でした。

バァさんの整形外科を待っている間に

ジィさんは眠り始めました。

主人は車をすぐに取りに行き、病院入口の車寄せにつけ

後部座席で横にならせていたようです。

っで、バァさんも診察が済み車へと乗せている間に

私は会計で処方箋を貰い、薬局へと持って行こうと

病院の入り口を出たところ・・・車はありませんでした。
(薬局は道を挟んだ向かい側にあります。)

病院の入り口は混み合うので、ジジババを乗せると

先に薬局の駐車場に車を移動していることはよくありましたが・・・

この大雨、いや豪雨の中、

傘を持たない私にどぅしろと?

仕方なくダッシュで道を渡ろうとしましたが・・・

信号のタイミングが悪く、車が途絶えないんです。

少しの距離ですが、びしょ濡れですわぁ。

薬局で処方箋を係の人に渡したのですが、

その処方箋も「見えますか?」ってほどぐちゃぐちゃでした。

車は薬局の駐車場奥に止まっていました。

もぅひと濡れしながら、車のドアを開けると

大口を開け、気持ち良さそうに眠っているジジババの姿です。

「おまえ、傘を持って無かったんか?」っと驚いた主人。

あなたにはジジババの姿は見えていても

私の姿は見えていないよね。

« 天の邪鬼(あまのじゃく) | トップページ | 大阪のおばちゃん »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事