« 心配という気持ちの持っていき方 | トップページ | 歩いて帰ろう♪ »

ほんとはね・・・

↓で、かなり過激な事を記してしまいましたが

それにはいろいろと私の中で葛藤があっての事なのです。

実はバァさんが体力的にディに行くのはしんどいと言い始めました。

人数の関係で火・木・金と週3回行ってますが、

木金と続くのがきついのかも知れません。

しかし、金曜日を無くすと、金~月の4日間を

眠ったままの状態で過ごすことになります。

そうなると寝たきり状態になるのは目に見えているのです。

だけど・・・

無理やりディにやるのがいいことなのか?

そんな思いも芽生えていて・・・

寝たきりになり、身体中の筋力が衰え、

そうして自然に死んでいく・・・それが自然の摂理なのかとも思え、

今、ディに行かせているのは

自分が寝たきり介護から逃れたいだけなのか?とか

ディに行かせることで、しばしジジババから逃れたい

そんな思いからなんじゃないかとか・・・

じゃあ、自宅で全面的に介護が出来るのか?

現実問題、ピーにこれから教育費がかかる訳で

今、私、仕事を無くす訳にはいかないのです。

ディがあるから、この生活が成り立っているのです。

最近、ジィさんの発熱も頻繁になってきて、

このまま仕事が続けられるのかと不安な日々なのです。

そんな時に義姉の親を思う気持ちです。

どうしたって、実の子以上にジジババを思うことなど出来ないよ。

こちらの気持ちを見透かされているんじゃないかと

胸が痛むのです。

あぁ、本当にどうしたらいいんだろうね。

« 心配という気持ちの持っていき方 | トップページ | 歩いて帰ろう♪ »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

吐き出せ、吐き出せ!ここで。
吐き出しちゃえ!
我慢なんてしないで。

私なんかが何か書く資格ないけど
何か苦しくなった時は私は自分で自分に
「自分を責めない!」っておまじないのように言う。
自分を責めるより「いいんだよね、こんな自分でも」
って思うようにする。
emiriちゃんは十分「そんなemiriちゃんでオッケー!」
な人だから、自分で「私よくやってるし」
って思って自分を追いつめないでね。

☆reiちゃんへ

reiちゃん、いつもありがとう。
>私なんかが何か書く資格ないけど
って、なんじゃコレ?クスッ( ̄m ̄*)

な~んかね、疲れたよぉ。
またバァさんの介護だぁ。
バァさんね、歩いて疲れると咳が出る。
咳が出るとまた入院になる。
だから、じっと寝ていよう・・・
こぅ思い始めたのね。
昔はさ、ディなんて無い時代はソレが当たり前だったのかも。
嫌がるバァさんをディに送り出す。
私って鬼嫁なのかなぁ。
これ、義姉ん元なら仕事も辞めて、
しっかりバァさんに付き添うのかなぁ。
どうしたらいいんだろうね。coldsweats01

もちろん全然鬼嫁なんかじゃないです。
emiriさんは十分すぎるほど良くやってると思います。ホント、聞いていて辛くなるくらい。
って勝手なことしか言えませんが・・・本当に無理なさらないでemiriさんやピーちゃんが幸せであるためには?と思って行動してください・・・。
人のことばかり考えていたら倒れます。
自分のことだけを考えてくださいね。

寝たきりになるのは怖いよ。
きつくても、デイに行かせたほうがいいと思う。
義姉さん(うちのね)は、家がちゃんとあるのよ、義兄の仕事の関係で今、小倉に住んでいるのに、家を買ったのよ~小倉に。
義兄が定年になったら、こっちに実家があるというのに買う?親の面倒を看たくないのがみえみえなのよ。義兄の母さんは一人暮らしよ、今。
それなのに、うちの主人の義母が病気になったらお願いねって・・・そんなもんなのよ、嫁の扱いって。
emiriさん、頑張りすぎないでね。

感謝こそすれど、鬼嫁だなんて、とても、とても思ってないと思います。
emiriちゃんは、自分が倒れる寸前まで頑張ってくれてること、感謝してると私は思います。
それに、きっと、義姉さんたちが来られる時も、いつもいつも、おもてなしも気をつかってくれてるのが
きっと感じてくれてると思います。
だから、明日は、(明日以降も)これ以上、無理をなさらないでconfident

☆HanaSoraさんへ

いつも温かい言葉をありがとう。
>ホント、聞いていて辛くなるくらい
多分、介護老人を抱えている家庭は
同じような状態だと思うのよぉ。
私なんて若く?ても、体力的にきついもん。
老々介護や一人暮らしのお宅を思うと胸が痛むわぁ。
>自分のことだけを考えてくださいね。
ありがとう。大丈夫よん。
やっぱ自分とピーが大事だから。
言うべき事は言うことにするね。happy01

☆ブルー・ブルーさんへ

>寝たきりになるのは怖いよ
だよねぇ~。
だけど、いつかはそぅなるんだよね。
どこまでディに頼れるか?
それによって生活がガラリと変わるもの。
ただ、仕事だけは続けたいのよぉ。
>家を買ったのよ~小倉に。
プクク(* ̄m ̄)クククじゃあ、義兄さまのお義母さま
ゆくゆくは小倉に行くことになるかもよん。
うちだってさ、こんな大阪に二人で来るとは思わんかったもん。
人生、どぅ転ぶか分かんないものよぉ。happy01

☆すももちゃんへ

いつも励ましてくれてありがとうhappy01
義姉ファミリーの気持ちも分かるんだけどね、
ジジババね、離れて暮らしていると本当に良かったもん。
甥っ子も田舎に帰省するのを楽しみにしていたもの。
それがこちらに暮らすようになって、思うように会えないでしょ。
「何でやねん!」の心境かも。
だけどね、もぅジジババの面倒を見るだけが精一杯で
親戚にまで気を使っている余裕が無いのよぉ。
倒れるまで・・・っていったけど、
実際に介護する側が倒れている話しを聞くと
そぅならないように上手くガス抜きするのが今の課題かも。
ってか、ブログに、いや、ブログを通じてのお友達に
いつも助けられています。ありがとう。heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配という気持ちの持っていき方 | トップページ | 歩いて帰ろう♪ »