« 突然の来訪者 | トップページ | ほんとはね・・・ »

心配という気持ちの持っていき方

今、主人から電話がありました。

義姉が明日のバァさんの退院に付き添いたいと言って来たそうです。

私一人だと大変だろうからと、1日休みがとれたので来るそうです。

いえ、来てもいいか?というお伺いの電話が入ったのです。

主人も私にお伺いをたててきました。

来させてやっていいか?っと。

何なんだろう?この気持ち。

何かおかしい・・・自分の親の心配をするのに嫁へのお伺い?

私って一体何なんだろう・・・

今回、ジィさんと一緒に生活したことで、

義姉は年寄りと暮らすことの大変さをかなり分かってくれたようです。

元気なジィさんでさえ、あの状況。

そこに介護状態のバァさんまで抱えるこの生活。

おそらく純粋に私が大変だろうからという思いなんだと思う。

だけど・・・

今の私には、その義姉の気持ちまで抱える事の方が大変なのです。

退院のこの状況、今は手がかからない状態なのです。

仕事もオフ期に入り、ようやくのんびりできる時間なのです。

昨日の甥っ子のいきなりの来訪といい、

突然の義姉の明日の付き添いといい、

この調子でいくと、どんどん私の生活の中に入られてくるようで、

もちろんジジババと居る以上、それも仕方無いのかも知れないけれど、

そんなに心配なら、あちらに連れて行ってくれたらいいのに・・・とも思え、

心配だから顔を出す、その些細なことが

舅姑を看ている嫁にどれだけのストレスを与えているか、

そんな事、同じ立場のモノにしか分からないと思う。

娘が親の心配をするのは当然。

そんな事分かっています。

じゃあ、嫁に任せなきゃいいんです。

自分の親の介護を!!

« 突然の来訪者 | トップページ | ほんとはね・・・ »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

嫁の立場 義姉さんにもお分かりでしょうにね。
でも見えなくなるのですよね。
親切心が 立場を入れ換えれば 大きなお世話。
そう思うことは悪いことかも知れませんが emiriさんの気持ち凄く分かりますよ。
私も人から言わせれば「そんなことどうでもいいでしょ!!」って言われることに凄くこだわっている自分がいます。
事柄はemiriさんとは違うけど でも人の気持ちをもう少し考えてくれればそう言うことにはならないでしょう~~?って言いたいのですよね。
なんだか 分かりませんね、emiriさんには。
ごめんなさい。
こちらで愚痴 こぼしています(涙)
emiriさんを励ますコメント書かなくてはいけないのに・・。お許しを・・。

☆yasukonさんへ

>親切心が 立場を入れ換えれば 大きなお世話。
これ、難しいですよね。
私も三姉妹の長女で、姉というモノの気質は分かるんです。
だから、義姉が純粋に何か手伝いたいって思ってくれるのも
有難いなぁ~って思うんです。
近けりゃね、通院介助やら、仕事の留守中の見守りやらを
頼むこともできるんですけどね、
これだけ遠いと、出てくるのも大変でしょ。
だから、先日のように暫くジィさんを預かって貰えたり
来月、旅行に行くので、その間泊まりに来て貰えたり
そういう息抜きの時間を作って貰えるだけで十分なんですけどね。
こちらは十分でもあちらはもっとジジババの顔を見ていたいんでしょうね。sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/35722824

この記事へのトラックバック一覧です: 心配という気持ちの持っていき方:

« 突然の来訪者 | トップページ | ほんとはね・・・ »