« 頭痛の種がまた一つ・・・ | トップページ | 陣取り合戦(夏の陣) »

朝から・・・

朝起きると・・・

リビングの方からジジババと主人が楽しそうに話す声が聞こえていました。
その声が静かになってから、起き出して行ったのです。

「コーヒー入れようか?」っと主人。

「うん。」っと私。ここまでは平和な朝の風景です。

この後からです。

「バァさんがさっきから薬をゴソゴソやってたよ。」

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。そ、そ、そうですぅ。

昨日の通院日に2週間分のお薬を貰っていたのです。

朝・昼・夜に分けてセットするのをすっかり忘れていました。

ケースを見ると訳の分からんことになっています。

「なんで止めてくれへんかったん。」
いえ、主人を責めても仕方の無いことは分かっています。

昨日し忘れた私がいけないのです。

これはしっかり主人にも説明しておかなくては・・・っと

状況を説明したのです。

錠剤は一包化され、朝・昼・夜と袋に記載されています。
でも、粉剤には薬の名前が書いてあるだけで、
それを飲む時期の記載はありません。

切り離してからではその薬が朝のものか夜のものか
説明書を見ないと分からなくなるのです。

触られるとかえって手間なのです。

この話はいつもバァさんにも言ってるのですが・・・

「忙しそうやら、気を使って自分でやったんやろ。」と主人。

そんな事、私も分かっています。

だけど薬は間違うと怖いのです。
案の定、今回も間違ってケースに入れてました。

この薬の多さはバァさんが管理できる量じゃないんです。

「触るなと言っておけばええんやな!」っと主人。

違う。それだけじゃない。

言いたいのはそんな事じゃない。

« 頭痛の種がまた一つ・・・ | トップページ | 陣取り合戦(夏の陣) »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

>リビングの方からジジババと主人が楽しそうに話す声
ってことは、ジイさん起きてる??
バアさんが薬をごそごそやっているなら、一緒に分けてやればいいのに、ご主人は、分け方が分からない?
>「触るなと言っておけばええんやな!」
これじゃあ、また嫁が言わせたってなるやん。
あぁもう、まだわかってないよご主人・・・
って、ご主人を悪く言ってごめんね。

ご主人さんは、わかってはいるんだろうけど
自分で仕分けがきっとできないんでしょうね。
だから、「触るなと言っておけばええんやな!」に
なっちゃうんかなsad
ほんとに次から次へと、心が休まる時がないねcrying
わたし、何にもできないけど、祈ってる。
じぃちゃんの検査結果も、emiriちゃんの体調回復も、旦那さん、義姉さんの理解も。。

☆ブルー・ブルーさんへ

>ってことは、ジイさん起きてる??
これね、察するに、主人がジジババを起こして
ティータイムしてるって感じです。
主人もジィさんの様子は心配していて、
気分を盛り上げようと、いろいろ話しかけているようです。
>ご主人は、分け方が分からない?
うん。いつも私とピーの仕事なの。主人はいつも家に居ないもの。
>これじゃあ、また嫁が言わせたってなるやん。
これはもぅ、ジジババも義姉もそぅ思っていると思う。
っていうか、薬は触らないで欲しいってことは
私の口でもバァさんに言ってるんだけど、
忘れるのか、いつもいつもこの繰り返しです。
私が忘れなきゃいいんだけどぉ・・・いろいろと重なるとウッカリするのよぉ~sweat01

☆すももちゃんへ

>自分で仕分けがきっとできないんでしょうね。
うん、やったこと無いもの。いつもピーと私の仕事。
バァさんをお風呂に入れるのも、ピーとの連携作業。
この介護はピーなしでは絶対に無理だわsweat01
>ほんとに次から次へと、心が休まる時がないね
そうなのよぉ。この31日の結果が怖いわぁ。
ソレ次第で生活が大きく変わるもの。
今もね、リビングの方からお線香の匂いが漂っているよ。
秘密基地でさえこの匂い。
もぅリビングに染みついていると思う。
こんなこと、ジジババがこちらに来てから初めてのこと。
いくつになっても生きたい気持ちは同じなのね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭痛の種がまた一つ・・・ | トップページ | 陣取り合戦(夏の陣) »