« 嫁の味方! | トップページ | 私、決めました。 »

老いの速度

今日はバァさんの月1の通院日でした。
状態は快方に向かっているとはいえ、
まだまだ魔の階段を背負わねばならない状況です。

ここのところ、主人も仕事を調整して通院日は手伝ってくれています。

バァさんね、膝や腰の具合は良くなっているのですが、
慢性気管支炎が目覚めたのか、咳が気になり始めました。

特にディから帰った後や、夜寝る前など
1時間近く、咳が止まりません。

今日、内科の受診の際、先生に相談をしたところ

2010_051520100017

2010_051520100020

このようなモノを勧められました。
誤嚥が原因で肺炎になるのが怖い状況なのだそうです。

(´Д⊂グスンこれからの食事作りが大変sweat01になりそうですぅ。

この食品は薬局では無く、医事課の方で頂くよう言われました。
医事課には、従兄のお嫁さんが居るのですが、
たまたま、コレの使い方を説明してくれたのが
その従兄のお嫁さんでした。

もぅ、こんなのを使うところまで来ているの?

こ、こんなの?それって大変な状況を意味するの?

やはり身内なのか、私の身体をすっごく心配してくれました。
友人の看護師さんがご自分の親の介護をしていて
うつ病になられたそうです。

プロでも厳しい介護、続けていると私が壊れると
涙ぐみながら言ってくれました。

そのようなお話は、ホントにあちらこちらで耳にしました。
もぅ、私はおかしくなっているのかも知れないクスッ( ̄m ̄*)sweat01

内科の後、整形外科の診察です。
整形外科の先生は初めは印象が悪かったのですが、
付き合いも2年になると、
最近はとても気にかけて下さるようになりました。

バァさんの診察の後、ジィさんのお願いをしてみたのです。
介護認定の主治医の意見書っていうのが、
かなり大きな意味合いを持ってくるので・・・

「先生、ジィさんなのですが、介護保険の認定調査の件で
また、お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。」っと。

「どんな状況だろ?ちょっと診せて下さい。」の言葉。

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン。。。そりゃそうですよね。

よろしくったって、最近の状況が分からないですよね。

っで、バァさんを連れて帰ったその足で、
ジィさんを車に乗せ、再び病院へと向かいました。

11時45分。なんとか診察に間に合いました。
時期を合わせるかのように自治体から
ちょうど認定調査の件で書類が届いたところでした。

バァさんとジィさん。
先生の中でようやく
二人の介護の現実が繋がったようです。

腕、足、腰・・・動きをチェックした後

「認知の症状はありませんよねぇ~?」っと先生。

「はい。それは無いけんね。」っとジィさん。

【ほんまかいな?】っと
先生と付き添いの看護師さんの視線が私へ。

【ちゃうちゃう。大変なんやからぁ】っと私の視線。

【そうやろ。このジィさん、そんな感じやね】っと看護師さん。

【】内はすべて視線で会話です。

「生活能力(←言葉が少し違うかも)に減退が見られるので、
ランクをひとつ下げておきますね。」っと先生。

私の目の前で以前より、状態の悪いことを示す項目に
○をつけられました。

( p_q)エ-ン。ええ人やぁ。

ぎりぎりの時間に走り回った甲斐がありました。

介護認定の結果はどのように出るか分かりませんが
昨日のケアマネさん、今日の先生、看護師さん。

人の心の暖かさを感じることができました。

私を心配してくれる人がいる。
だから、私は大丈夫。多分happy01sweat01

« 嫁の味方! | トップページ | 私、決めました。 »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

ネオハイトロミール、こんなのがあったのね。
知らなかったよ。
主人の母は、ばあちゃんを病院に連れて行かなかったのよ。
ずっと家に、往診に来てもらってた。しかもその先生が80歳。知らないわよねぇ、こういうのがあるって。

介護は大変だろうけど、回りの人が心優しい人たちでよかったね。
顔晴れよ~
頑張れじゃなくて、顔晴れ晴れよ~

ウチの義母が入院したとき、軽い肺炎がでて
飲み物から汁もの、すべてにとろみを付けた食事が出ました。
きっとこんなのを使ったのでしょう。今は普通食です^^
ご老人は自分の唾液を寝てる間に誤嚥するだけでも肺炎に
なるようですよ^^;オソロシヤ誤嚥!
誤嚥がなければいいですね。
婆ちゃんの深夜のコーヒーなど(まだ飲まれてますか?)
気をつけないといけませんね。

気持ちの分かってくれる方がいることと、励ましは慰められますよね^^
あまり無理されませんように。

☆ブルー・ブルーさんへ

>ずっと家に、往診にきてもらってた。しかもその先生が80歳
昔はそんな感じだったよね。
それが一番幸せなのかも知れないね。
>顔晴れよ~
いやぁ、これは名言だわぁ。φ(..)メモメモ
合言葉はコレにしましょう。
うん。顔晴るよshineありがとうねheart04

☆月子さんへ

そうなんですよぉ。ご老人には誤嚥って肺炎に繋がる怖さがあるようです。
このトロミ剤ね優れものですよぉ。
お水にも簡単に溶けるし、無味無臭なので摂りやすいようです。
これを使うようになってから、咳が出なくなったと
バァさんが喜ぶんです。
↑ほんまか?効き過ぎやろ?って思うのですが、
信じるモノこそ救われるのですぅ。
コーヒーにもお味噌汁にも入れてトロンとさせています。
これ、楽でええわぁ。
先生に言われた時はΣ( ̄ロ ̄ll)ガーンだったけど、
何とかなるものですねぇ~。ご心配ありがとうねhappy01

emiriちゃん 頑張ってますねぇ。
無理だけはしないように・・・って 第三者が云ってもアレだけど・・・。
トロミ剤は いろいろ種類が出てますね。
父も誤嚥がコワイから 最期らへんは お茶も何もかも トロミをつけました。
emiriちゃんのところのお義母さんは 父とは状況が違いますが
それでも 誤嚥に用心するにこしたことはありませんからね。

目で会話が出来るほど、お医者さまや看護師さんとの
信頼関係。
心強いですね♪
それもこれもemiriちゃんの頑張りをみんな見てくれてるんやわぁ♪
だけど、決して無理しすぎないでねconfident

さらさらの液体がだめなんですね~。
子供の問題→介護問題→最後は、自分の年金問題…と来るのかしら??
全部自分が通る道だし「問題」という表現も語弊があるのかもしれませんが、自分たちの生活でいっぱいいっぱいなのに、介護認定というハードルがあるのか。うちも遠い未来の話ではなくなってるし…真剣に読ませて頂いています!

どうか、無理だけはされませんよう。

emiriちゃん、本当に大丈夫?
疲れ果ててない?
年齢が高い人の肺炎、心配だモノね。
ウチは、祖父母みんな施設で看て貰えたからさ。
emiriちゃんの苦労を、あんまりわかってあげられなくってさ。。。
でも、ジィちゃんの診察での先生は判ってくれてる人で良かったね。
年寄りって、いつまでも「自分の老い」は認めたくないから元気なフリしちゃうのを見抜いてくれてるもんね。
休める時間があったら、ちゃんと休んで息抜きしてねcafe

☆majoさんへ

majoさん、お返事が遅くなってごめんね。
>無理だけはしないように・・・って 第三者が云ってもアレだけど・・・。
いつもご心配ありがとうございますぅsweat01
だけど、もぅ、その無理が何なんだか分からなくなっています。
やらなきゃ仕方なくて・・・
majoさんを前にこんな事を言うのも何ですがsweat01
私ね、父ん時が短期決戦だったでしょ。
あの時は辛かったんだけど・・・
こんな風にゆっくり、ゆっくり老いていくのも
真綿で首を絞められているような感じです。
ため息ばかり出ています。weep

☆すももちゃんへ

すももちゃん、お返事が遅くなってごめんねぇ。
病院ではね、多分、私有名人かもsweat01
毎月、毎月、姑を車椅子に乗せ通院する
よくできた嫁って感じでsweat01
その上ジィさんまで居るのが分かると
皆さんね、可哀そうな人を見るような目で
私を見るんです。
まさか、こんな愚痴ブログを綴っているなんて
誰も知らないでしょうねクスッ( ̄m ̄*)
んもぅ、ここだけが息抜きの場所です。
いつも心配してくれてありがとうね。happy01

☆ユミちゃんへ

ユミちゃん、お返事が遅くなってごめんねぇ~。
>子供の問題→介護問題→最後は、自分の年金問題…と来るのかしら??
はい。そうです。必ずきます。
私の日常は他人事ではないと思いますよん。
状況こそ違え、みんながいつかぶつかる問題かと。
介護認定を受けないことにはサービスは受けられないですもんね。
介護サービスなしで介護を乗り切るなんて無理。
いつか壊れます。
私の状況をその時に参考にして頂けるなら幸いですぅ。coldsweats01

☆林檎ちゃんへ

ありがとう、心配してくれて。
同居を始めた2年前より、いろんな面でかなり
状況は良くなったと思うんだけどね、
年々、私自身も年をとっていく訳でしょ。
不安って数えれば尽きないわ。だから今できる事をするだけsweat01
↑の食事療法もね、最初は厄介だぁ~って思ったんだけど
使ってみると意外と使いやすくて・・・
介護用品も進化しているんでしょうね。
先生や看護師、介護士さんの力を借りながら、ボチボチやってくね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫁の味方! | トップページ | 私、決めました。 »