« 6年目の出会い | トップページ | 花瓶の花 »

ジィさんの仕業?いや仕事。

それは一昨日の0時過ぎだった・・・

闇夜にこだます叫び声。主人だ。

「うぉ~どうするんや!カーペットなのにぃ~」

続いて

「シミになるやん。とれへんで!うぉ~・・・」

それはリビングからだった。

私は寝室のベッドで横になりながら、耳だけ声に集中していた。

「ソファーもびしょびしょやん。」←shockな、何ですと??

一体何をこぼしたんだぁ~。シミ?コーヒーか?

聞こえるのは主人の声ばかりです。
おそらくこぼした本人は、小さくなっているのが伺えました。
主人が必死で拭いている様子が想像できました。

んもぅ、すっごく気になるんです。なるんですけどね・・・
これ、私が起きて行くと、ジィさんの立場が無いでしょ。

ここはひとつ、知らないフリを通そうと思いました。

少し余裕が出てきたのか・・・ジィさんに向けて

「パジャマもびしょびしょやないか。着替えや。」の声。

後から事情を聞いたところ、
バァさんと二人分のホットミルクをお盆に乗せ、
和室のベッドまで運ぼうとした時にバランスを崩したようです。

2杯分全てが、あちこちに飛び散ったとのこと。

翌日起きて、リビングのカーペットを見るのが怖かったです。
買ったばかりのソファーを見るのが怖かったです。

思ったほどシミになっていなかったので安心したんです。

したんですけどね・・・・これ、話が長くてすみません。sweat01

昨日のことなんです。

私、買い物をして帰宅したところ、
エレベーターを降りた辺りから、何やら廊下に落ちているんです。

ごみです。シュレッダーしたモノやら、生ゴミっぽいモノやら・・・

何だ?これは?
っと魔の階段を下りていくと、その途中にも連なって落ちています。

そのゴミくずは我が家のドアの前まで続いていました。

そしてドアを開け目にした光景が↓コレです

Photo

これは何?一体、何事が起きた?

洗面台には無造作に雑巾が投げ込まれていました。
おそらくソレで拭いたのでしょう。

玄関からリビング・ベランダに続くラインがジャリジャリしています。

察するにうちのゴミ出しジィさん仕業 お仕事でしょう。

掃除機をかけ、外の階段を掃いているとジィさんが帰ってきました。
ゴミ袋の裏に土がいっぱい付いていて、
カーペットが汚れたから雑巾で拭いたそうだ。
            ↑もちろん後で私が拭き直しましたsweat01

(;´д`)トホホ…ジィさんに罪はありません。
自分のお仕事であるゴミ出しを必死でやったのです。

ただ、ゴミに問題があったのでしょうdanger

主人と相談しました。

腰の曲がったジィさんがゴミ袋を持つと
ひきずるという状態になるのは分かっていること。

だけどゴミ出しを自分の仕事とし、
カレンダーに分別の目印をつけ頑張っているジィさんから
仕事を取り上げることなどできません。sweat01

「俺が分別するわ。軽いゴミと重いゴミに・・・
重いゴミは北側ベランダに集めることにする。」

ほぉ~、親の為ならそこまで出来るんだぁ~

「大変ですね。一緒に持ちますよ。」っと
親切なご近所さんが、誰かれとなく声をかけて下さるそうです。

こんな年寄りにゴミ出しをさせるなんて!!
っと、見られているかも知れません。

だけど、これはただのゴミ出しでは無いのですぅ。
ここで生きていくということなのですぅcrying

« 6年目の出会い | トップページ | 花瓶の花 »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

牛乳の匂いはどうなったのか気になる。
それと、ジイさん、外はそのままだったの?
ごみがマンションのドアまで、落ちていたら、どの部屋のごみかわかるやん。
ゴミ出しは自分の仕事って思っているから仕方がないけど、やっぱりご主人に分別してもらうしかないよね。
まあ、他人になんと言われようと、気にしない気にしない。
頑張って介護しているのは、みんな分かっているわよ。

これをジィさんの仕業にしちゃうと、ちょっと気の毒だね。
だけど、真夜中、旦那さんのうろたえぶり、目に浮かぶようです。
寝室でemiriちゃんも、な、なにsweat01
って気が気じゃなかったんじゃないcoldsweats01
旦那さまに、うま~く間に入ってもらって分別してもらおう!
世間の目は、気にしない!気にしない!!
\(*⌒0⌒)bがんばっ♪

☆ブルー・ブルーさんへ

牛乳のにおいね、私も心配だったのよぉ~。
だけど主人ってね、そういうとこ几帳面なA型なのね。
私より神経質に処理したみたい。
ファブ○ーズもしっかり噴霧したせいか、
全然、気にならなかったわ。
>ごみがマンションのドアまで、落ちていたら
それがね、4階のエレベーター前から魔の階段~玄関へと
そこにだけゴミが落ちていたのね。
それが不思議だったんだけど・・・よくよく考えると
ジィさんね階段上にスタンバイしたシルバーカーに
ゴミを乗せて運ぶのよ。だからだわ。
>頑張って介護しているのは、みんな分かっているわよ
介護っていうか、ジィさんね、もぅマンションの名物ジィさんだもんsweat01

☆カリンちゃんへ

ジィさんに、全く悪気がないでしょ。
本人は一生懸命やった末の結果だから、
怒るに怒れないのよ。
ミルクん時もジィさんの声が一切聞こえなくて
もぅ、小さく縮こまっている様子が手にとるようだったもん。
ゴミん時も私が階段を箒で掃いている姿に
(/∇≦\)アチャ-!って顔をしてたわcoldsweats01
>旦那さまに、うま~く間に入ってもらって分別してもらおう!
もぅ、分別ついでだよね。
我が家の日常ゴミは紙等軽いモノと
水周りやベランダの植木関係から出る重いモノ。
そういう分別にするわsweat01

おはよぉ~♪
私もまず牛乳の匂いが心配だったわよぉ
気にならないようでよかったわ。
ジィさん、ホットミルクでやけどはしなかった?
そんなに熱くなかったのかな?

>マンションの名物ジィさんだもん
だったらみんなもわかってるよね。
ゴミ出しは今まで通りやってもらったほうがいいよ
うちみたいに何でも取り上げちゃうと・・・
おぉ~ボ○が進むぅ(´Д⊂グスン

☆maちゃんへ

そうよ。私もミルクって聞いて、朝になるのが怖かったもん。
ファブ○ーズって優れものかもhappy01
牛乳ね、電子レンジの牛乳モードを覚えたのね。
あれって、膜が張らない程度に温めるでしょ。
だからやけどしなくて幸いだったわよ。
>うちみたいに何でも取り上げちゃうと・・・
そうだよね。maちゃんち、そのゴミ出しを
取り上げてからボケが一気に進んだんだよね。
やっぱ仕事を与えるって大切なんだろうねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/34254143

この記事へのトラックバック一覧です: ジィさんの仕業?いや仕事。:

« 6年目の出会い | トップページ | 花瓶の花 »