« 自分が嫌になる時 | トップページ | こんな日は・・・ »

撃沈

Photo_2

先日から続く、この苦しさの理由は・・・
おそらく、私にとっての唯一の心のよりどころとなる提案が
主人にバッサリ斬り捨てられたところにあるのかも。

ジジババの今の生活状態は
マンションのようなフラットな空間なら、介助がいりません。
むしろ、1階ならそのまま二人でお散歩にも自由に出ることができます。

家事援助は必要ですが、それは通えばできることです。
それで、必死の思いで訴えてみたのです。

今なら、この近くにジジババ用に部屋を借りてもやっていけるのではないかと。
そうすれば、義姉も気兼ねなく、自由に傍に付いていることもできるし、

ジジババだって生活時間の違いに苦労することもないし
それは私も助かることだし。。。って。

「そんなんしても、離れると結局、気になるだけや・・・」

ひとことでした。そして、ひとごとでした。

ええ考えやと思ったんやけど・・・

« 自分が嫌になる時 | トップページ | こんな日は・・・ »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

う、うむーーーー。
自分の一番近い理解者とも言える
配偶者にわかってもらえないのって辛いよね・・・。

でもemiriちゃん、
ちゃんと自分の考えをしっかり伝えてえらいと思うよ。
やっぱり思いを伝え続けた方がいいと思う。
言いにくいことを言うのも大変だと思うけど・・・。
負けるな!emiri!!

こんばんは!
そう言う選択はいいと思いますよ。
私の友人はたまたま運よくお隣さんが引越しされて空きになったところを買うことが出来て
いま御両親と隣同士です。
お父様は少し認知症なのですが・・御両親お二人で何とかされているようですよ。
一概にはいえませんが emiriさんが出来そうと思われるなら ジイチャンとバアチャンで生活できますよ。
壁は厚いかも知れませんが 粘り強くね!!!
応援していますからね!!

思ったことは、今回みたいに言ってみるのはいいかもしれない。
少しずつ、ご主人の気持ちも変わるかもしれないし、口にすることでストレスもたまらないんじゃないかなぁ。
我慢していると、辛いもん。
すぐ近くに家が見つかれば、食事とか運ぶのは面倒かもしれないけど、心理的には楽だよね。
>「そんなんしても、離れると結局、気になるだけや・・・」
なら、ご主人が見に行くといいのに・・・

皆さんの言われるとおりです。
時期を逃すと爺さんと婆さん二人での生活が
無理になるかもしれません。
今のうちに言って言って言い続けましょう。

毎日でも顔を出せるほどの近くなら問題ないと
思いますよ。
ご主人さん、ダメなのかぁ~^^;

emiriさんの妹さんに「ウチのお姉ちゃんの様子がおかしいが
介護のせいではないのですか。」などと
援護射撃などしてもらうのはどうですか^^;
ダメですよねぇ~。^^;
私ってずるい考えしか浮かびませんが、正攻法でしたら
もう言い続けるしかないでしょうねぇ。
ご主人さんの気持ちが変わるまで頑張ってください。
私も、ずるい考え含めて何か案を考えておきます^^

私もそう思います。
自分の考えをちゃんと伝えていくことの積み重ねって絶対必要だと思います。
だって、ご主人よりもemiriさんの方が長くジジババといるんだもん。
ご主人はそりゃ・・・・いいとこ取りですよっ(あ・・失礼)

物理的に同じ空間から離れる、って実は心理学的にもとっても効果があると聞いたことがあります。たとえすごく近くにいて、毎日結局は世話したり会ったりしていても、空間を離れるというのは心に余裕ができる・・・って。
すごくいい考えだと思うんだけど。

↑みなさまおっしゃっているように・・・
根気強く話すことできないですかね・・・。じゃないとemiriさんが壊れてしまいます。

☆reiちゃんへ

ありがとう。いつも励ましてくれて。
一番近い理解者であるはずの人が一番遠い人かも。
もしかしたら、義姉の方が分かっているのかも。
義姉ね、多分、バァさんに付き添いたいんだと思う。
遠距離介護の時は1ヶ月とかって単位で、
帰省して付き添ってくれてたから。
今は息子二人は社会人に大学生とすっかり手も離れ、
お舅姑さんはお元気で、それこそ、
嫁の世話にならないってタイプの人だから。
っで、毎日、毎日、毎日、毎日電話があります。
ジィさんの携帯に。タダなんで内線通話状態です。
ジジババを通じて、いつも義姉を意識している生活です。
疲れました。
主人に話しても、それがどうした?状態です。
シーンとした食卓でね、会話に上る話題は
「おぉ、今日は○○(←義姉の名)、こんな事があって、
○○(甥っ子の名)はこうじゃてぇ」
義姉一家の話題ばかりです。
私と居ることに無理があるんじゃないかと感じ始めて。
ごめん。長くなっちゃうね。
何やってんだろうね。私。

☆yasukonさんへ

この辺りね、ニュータウンなんですけど、
田舎から親を引き取るお宅がここ数年で増えました。
ただ、うちのように元気なお年寄りは少なく、
訪問看護の車があちらこちらのマンションに止まっています。
yasukonさんのおっしゃるようなお宅も多いです。
このマンションの方も向かいのマンションの一室を買い、
ご両親を呼び寄せられたそうです。
なかなか、買うのは難しいですが、借りるぐらいならと思ったのですが、
主人には全くその気は無いようです。
最近ね、ため息が声になって出るんです。

☆ブルー・ブルーさんへ

言ってはみたけどね、思ったとおりの結果でした。
いや、ストレスはむしろ、溜まったかも知れない。
昨夜も話した。あなたはジジババの何を知っているのかと。
何を食べ、どれだけ寝て、どんな生活を送って・・・
あなたの知っているのは土・日のジジババだけじゃないですか。っと。
平日、私がどんな気持ちで日々を過ごしているのか
考えてくれたことはありますか?と。
かなり追い詰めているよね。
昨日も「見返りを求めたらアカン」の言葉でした。
もぅ私、ダメかも知れない。

☆月子さんへ

そうなんです。今はお互いが気を使いあってて、
ジジババだってしんどいと思うんです。
主人だって先日、自分で言ってたでしょ。
ちらし寿司の一件、「気を使ってかわいそうに」って。
かなりアレは堪えました。悲しかったです。
そこに今回の義姉の来訪予定。
あれだけ毎日、電話でしゃべってても心配なんですね。
何故、私の心の変化に気づく者は居ないんだろう。
「もし、私がこの家から居なくなったらジジババはどぅなるん?」
って聞いても返事はありませんでした。

☆HanaSoraさんへ

>ご主人はそりゃ・・・・いいとこ取りですよっ(あ・・失礼)
クスッ( ̄m ̄*)。そうでしょ。
親を引き取って、よく出来た息子のように言われて。
こちらに引き取るのを決めたのは私なんです。
バァさんね、田舎の病院で、ベッドに座って、
窓の外をうつろな目で見ていました。
小さい人なのに、すっごく小さく見えて、
私が元気にしてやる!!ってその一心でした。
なんか、ウソみたいに元気になって、動けるようになると、
全然私の気持ちと違うところに事が運んでいったんですよね。
すっかり、このマンションはジジババのものです。
ディに行ってる、今でさえ、私はこうして秘密基地にこもっています。
ここが一番、落ち着く場所になってしまいました。

emiriちゃんの提案を私も良いと思うし、近くに部屋借りられへんのかなと思っていました。その方がお互いに良いよね。今のままではemiriちゃんが潰れてしまうって。
ご主人は、親思いで優しい人やなと思うしemiriちゃんにも優しい気持ち持ってると思うけど、介護のしんどさが分かってないねんね。
私が説教してあげたいって思う位やで。emiriちゃんがじいちゃんやばあちゃんの世話するのを嫌がっているんと違って愛情や思いやりに溢れてるのをご主人も分かってるとは思うけどもっと深く分かってやってと言いたい。
ご主人にじいちゃん、ばあちゃんの御世話してもらう機会作ってemiriちゃんのしんどさを分からせてあげるのは無理?プチ家出とか。
難しいけど近くに部屋借りるの諦めん方がいいよ。部屋借りてヘルパーさんの手も借りた方が良いと思うよ。介護うつにならない為には人の手を借りた方が良いと、テレビでもよく目にするよ。けど諦めずに言い続けたらご主人怒り出すかな?

昨日の書き込みで逆に心配掛けてごめんね。
重たい事書いてしもてほんまにごめんやで。
私の夫も介護について理解してくれません。
10キロ位痩せたらちょっとは心配するかなと思うけどね。夜よく寝れるし、テレビ見てあははと笑ってるから。まだ大丈夫やわ私。うちは毎週週末にショートステイに行っても貰っています。

それ、すっごい良い案やん!
なのに旦那さんたら・・punchannoy
でもさ、あきらめんと、ここは気を取り直して、義姉さんに提案してみるのも「手」だと思う。
娘やし、それだけ心配なら、「良い案だわ」と思うかも。
次は、後押しやねぇ。
ピ~ちゃんの出番やで。
「おばちゃん(義姉)、おばあちゃんの事いつも心配してくれてありがとう♪
だけど、うち狭いから中々泊まってももらえんし、ごめんね。
だから、ほんとに近所で、おばちゃんが遠慮なくこれるマンション見つかったらええのになぁ~」
と下でに。。smile
そして、義兄さんを使いましょう。
「うちのお母さん、実は、休みになったら寝込んだりで、ここのところ体調悪いねん。。」
とぼそっと。

義兄⇒義姉⇒旦那の順で攻略です。

とりあえず、あさはかな案ではございますが
ご査収下さいませ。

ほんとに無理したらあかんで~~
 

☆satomiさんへ

んもぅ、またぁ、爆泣きしながら読ませて貰いましたよぉ。
すぐにレスでけへんかったやん。
私のつたない文章から、いろいろ感じ取ってくれてありがとう。
ほんまにね、介護を放棄してる訳とかと違うねん。
その時、その時に一番ええ状況ってあるって思うねん。
ジジババをこの家に迎え入れた時って、ポータブルトイレを
ベッド脇に置いて、お風呂も介助が必要やったから、
傍に居るのが安心できる状況やってんけど、
こんなに元気になって、二人が二人の時間を楽しむようになると、
お互いに気を使い合ってるのが分かるねん。
義姉が来ることも、私に遠慮しているのが分かるねん。
遠慮をしているくせに、来るなとは義姉には言わないねん。
会いたいねんやろなぁ。
和室の掃除をすると、あっちこっちからお菓子が出てくるねん。
すっごく自由に外出しているのも伺えるねん。
それやったら、隠さんとお菓子も食べたいやろね。(笑)
で、そのヘルパーさんを入れる話も考えてたんよ。
先はすっごい長いやろ。今からべったりしてたら
息切れを起こしそうで、肝心な時期に体力が残ってないってこともあるやろ。
いろいろ考えて提案してんけどね、アカンわ。伝わらんわ。
誰か、主人に話せる人が居るとええんやけど。
っで、satomiさん、先日の話、謝らないでよぉ。
すっごく力になってるんやから。
そっかぁ、週末ショートを利用してはるんや。それはええわぁ。
それやったら、ご主人に気兼ねすることも無いし。
いや、無いことは無いやろうけど、のんびり出来る日がないと
やっぱり持てへんってぇ。先が分からへんねんから。

☆カリンさんへ

んもぅ、大爆笑よぉ。いつもありがとう。
なんか、急に元気が出てきた気がする。←単純?
状況はなかなか、変えにくいけど、
こんな風に必死になって悪知恵?いやお知恵を貸して下さる人が居て、
もぅ、そのことだけで一人やないって気になってきたよぉ。
今までね、ジジババが田舎に居た頃は年に3回帰省していました。
義姉はそれが楽しみだったんでしょうね。
舅姑さんの元から、帰省ってことで離れられる訳だもんね。
昨夜ね、主人に言ったんです。←結構いろいろ言ってるって?
「義姉ちゃん、今来るんやったら、それをちょっと置いといて、
来年の春にでも、ジジババをこの近くの温泉にでも
連れ出してくれたらええのにね。」って。
自分で義姉に言えって言われました。
みんなにとっていい方法やと思ったんやけど。
ただ、これからピ~に女優の極意を話して聞かせたいと思います。
家族が家族であるために。って、あるんかなぁ~。
ええ天気やから、外に出てきます。
家でこんなんしててもええはずないもん。
ありがとう。少し、元気が湧いてきた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/32361418

この記事へのトラックバック一覧です: 撃沈:

« 自分が嫌になる時 | トップページ | こんな日は・・・ »