« ピ~の初ライブ | トップページ | 湯葉あんかけ丼が食べたくて »

父に会いに・・・

Photo

今日は父の3回目の命日です。
2006年9月14日午前3時4分。享年71歳。

っで、昨日は父に会いに高野山の蓮華定院を訪ねました。

こちらに父のお骨が納骨されています。
3年間、読経供養をして頂いた後、
奥の院へと納められることになっています。

奥の院に行く前に会っておきたくて。

最初はね、母を連れて静かに訪ねるつもりでした。
ところが妹達も行くと言い出し、
その旦那連中も行くと言い出し・・・
結局、車3台を連ねる大移動となりました。

私、大きなモノを小さく撮るのが得意なようで、
↑の画像ね、こじんまり写っていますが、
こちらの蓮華定院は宿坊でもあり、めっちゃでかいんですよぉ。

Photo_2
Photo_3
Photo_4

なんでも真田幸村のゆかりの寺とかで
歴史的な深さがあちらこちらに窺えます。

事前に読経供養の予約を入れておけば
待ち時間なく読経して頂けるのですが、
道路の状況で時間の予測が出来なかったので、
着いた時間に訪ねました。←ソレもアリって聞いてたので。

30~40分の待ち時間があったのですが、
別室に通され、美しい庭園を愛でながら、
和菓子とお茶をいただきました。
本当にまったりとした時間を過ごすことが出来ました。

本堂の暗闇の中で、父のお骨を前に
三人のお坊さまが読経してくださいました。
お香が体中を包み込んで、悪いモノが出ていくような
妙な感覚を味わっていました。

読経が終わり、扉が開けられると陽の光がそこにありました。
とても新鮮に感じました。

っで、新鮮に感じると、お腹まで空いてきました。
こちらで精進料理を頂くこともできるのですが、
時間もお昼をとうに過ぎていたので、
今回は奥の院に向かう途中で、
簡単に昼食をとることにしました。

Photo_5

簡単とはいえ、一応、高野山なので、
「精進弁当」にしてみましたhappy01
ヘルシーでしょ。

そして・・・↓奥の院参道へと入りました。

Photo_6

あのね、これスリムに見えるでしょ。
ち、違うんですぅ。

1本、1本が大木なんです。
樹齢千年にもなる老杉が立ち並ぶ参道の脇には

歴史上名だたる人たちの墓所が連なっているんです。
本当に不思議な空間がそこにあります。

大きな時の流れの中では
私が生きているこの時間っていうのは
とても小さいことのようにも思え、

それでクヨクヨしながら過ごすのは
なんだか勿体無いような気持ちにすらなり・・・

これってパワーを貰ったっていうのでしょうか?

なんで、この年忌でもない時期に
高野山を訪ねるのか( ̄へ ̄|||) ウーム

これは父に呼ばれたとしか言いようが無いかも。

大丈夫。私は大丈夫happy01
自然に生きよう。無理は疲れる。うん。そうしよう。

今日は父が亡くなった日だけど、
すっごく大きなことを教えてもらった日です。

« ピ~の初ライブ | トップページ | 湯葉あんかけ丼が食べたくて »

日常のひとこま」カテゴリの記事

コメント

お父様、とてもお若かったんだね。
きっと、いつもemiriちゃんのことを
見守ってくれているね。
それを思い出して欲しくて呼ばれたのかもしれないね。

すごく神聖な気分になれる場所って感じがするね。
お父様、いい場所に眠っているんだね。
今のemiriさんを心配して呼んだのかもって、思った私です。
こっちにも、蓮華院誕生寺奥の院っていうのがあるけど、関係があるのかな。
こんど、行くのよ娘の厄払いに。

お疲れ様でした。
お父様にお会いになって心がすっきりと晴れましたか^^
このようなことを仏縁というのでしょうか。
その場に居合わせた方はみんな「縁」があったのですね。(解釈が違うかな?^^;)

それにしても神聖で荘厳な場所ですね。
しばし静寂に包まれていかがでしたか
それとも家族で話が弾み静寂はなかったですか^^
故人を偲びご供養されていいことです。
って、私もちゃんとしないと^^;
emiriさんは不本意だろうけどお墓も買われてちゃんとされてますね。
私もお墓問題は頭が痛いです。
どこにしようか?いくらかかるか。
こんな大変なことを「えいやっ!」と決めてくださった
ご主人さんとジィちゃんは案外グッジョブgoodかも。

おはようございます。
emiriちゃんちのお父さんはホント↑の皆さんも言ってらっしゃるように
神聖な所に眠っているのね。
どこのお寺に行っても心が洗われる気がするけどここは本当に
嫌なもの、嫌な思いをスーッと洗い流してくれそうな良いところだね。

でね、真っ赤な空・・から読んでて`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
あっれぇ~製氷機壊れたの?
ウチの冷蔵庫2台も製氷機が壊れて修理したんだよ。
え~車内ランチ?おでん??
まねしたわけではありませんが同じでした。good
製氷機はその部分の取りかえで13000円位だった。crying

読んでいる私も何だか心穏やかになりました。
ありがとうございます。
とっても神聖で心が洗われる気がします。
emiriさんも森のパワーとお父様の愛に満たされたのでは・・・?

2年前、奥の院へ行きました。
鳥居をくぐったとこから、雰囲気が違いますよね。
厳かで、心洗われる気がしました。
奥の院進んでいくと、右側に英霊殿ってあったでしょ?
ここの前の紅葉がすっごい綺麗だったので、また秋に訪れるのも良いと思いますnote

ほんと、お父様、いいところにお眠りになってるんですねconfident


お父様からパワーをもらって、今週もがんばhappy01punch

☆reiちゃんへ

reiちゃん、お帰り~♪
いきなりジャパニーズな画像が並ぶでしょ。
早々にありがとうね。
父ね、年齢より若く見えました。
それに快活に動いていたし。
だから、病気で余命を聞いた時は信じられなかったわ。
気づいたら居ないんだけど、ほら実家を出ているから、
まだその居ない感覚も無くて・・・。
だから、ずっと傍に居るんだろうね。きっと。happy01

☆ブルー・ブルーさんへ

高野山、特に奥の院に行くと空気が違うんですよ。
父ね、ここには眠っていないと思います。
♪そこに~私は居ません~眠ってなんかいません♪
っていう歌じゃないですが・・・
父のお墓は実家のすぐ近くにあります。
檀家になっているお寺さんも。
そのお寺さんが蓮華定院の系列のようです。
これね、真言宗だけなのかな?火葬した後の
のど仏だけを高野山に持っていくのは。
3年供養の後、奥の院の土に帰るようです。

>こっちにも、蓮華院誕生寺奥の院っていうのがあるけど
へぇ~そうなんだ。だけど、その辺りのことって
ほんと疎い人なんですよぉ。私ってsweat01

☆月子さんへ

はい。なんだか高野山の空気を吸ってから、
気持ちがスッキリしました。
最初ね、母とのんびり電車で行く予定だったんです。
そうしたら、妹達が行くと言い出し、その家族も行くと言い出し、
結局、みんな揃いました。
父のことはみんな忘れたことは無いんでしょうね。
特にこの9月の時期になると。で、だんじり囃子が聞こえると。
お墓ね、奥の院でたくさんの立派なお墓を見て、
いろいろ考え方が変わりましたね。
アレって亡くなった人の為というより
生きている人の為にあるものなのかも・・・とか。
まぁ、ジジババがきっちりやっててくれれば
私たちが楽できるわけだし・・・sweat01
そっかぁ、月子さんちでも問題なのですね。
そうですよね。誰しも抱える問題なんでしょうね。

☆maちゃんへ

ちゃうちゃう。高野山にお墓があるわけじゃなくて、
真言宗のしきたりの一つなのかな?
父の遺骨の喉仏だけを預けているんです。
で、3年供養の後は奥の院の土に帰ります。
父のお墓は実家の近くにあるので、
父に会うといえばいつでも会えるのですが、
今回は煮詰まっている私の為に
気分転換にドライブに誘ってくれたような
そんな気がしています。

製氷機ね、今日修理が出来ました。
最初はね、1万5千円って言われたのよ。
で、主人がメーカーさんに直接クレームを入れたみたい。
そうしたら、出張修理費だけで、部品はサービスしてくれました。happy01
あらま?maちゃんも車内ランチしているの?
お互いに家では落ち着かんもんね。
落ち着く車があって良かったよねぇ。←ちと違うか?coldsweats01

☆HanaSoraさんへ

私も蓮華定院のお庭をのんびりと眺め、心が落ち着きました。
暗闇でお香と音だけの世界に浸り、光に触れ、
樹木のパワーと澄んだ空気を取り込んで、
細胞が活性化されましたよん。
やっぱりこれは父が気分転換に誘ってくれた
そんな気がしてなりません。
ありがとうだなんて、ありがとうhappy01

☆ecoさんへ

ecoさんちからだと龍神温泉を通るのかな?
どこから行ってもすんごい山道だよね。
うちも納骨に行ったのが秋だったの。
だから、上の方に来ると凍結が怖かったよ。
紅葉がほんと綺麗でした。
プクク(* ̄m ̄)ククク、↑でも説明しているのですが、
父は奥の院では眠ってないと思います。
実家の近くにお墓はありますが、
父のことだから、家でのんびりしてそうな。
和がね、お仏壇に向かって「ジィジ」って
指さしてしゃべるんですって。
子供には見えるのかしらねぇ~happy01sweat01

emiriちゃん、お父様の命日で。。。紫陽花と遭遇だったのね。
って、今更この記事にコメント?でゴメンネ。
そっかぁ、お父様が亡くなって3年なのね。
そして、71歳だったなんてうちの伯父と同じ年に亡くなっていたのね。
71歳って、若いよね。
そして、今はこんな神聖な場所からemiriちゃんたちを見守ってくれてるのね。
そして今のemiriちゃんに、この場所に来て少し方の力を抜いたら?って声を掛けてませんか?
イロイロと、滅入る事もあるんだろうけれどたまにはまったりとした時間も必要よね。

☆林檎ちゃんへ

そうなの。林檎ちゃんの記事を思い出したよ。
この時期に紫陽花なんて驚いたわぁ。
コメント、どこでも歓迎よん。お気軽に~happy01
71歳。ほんと若いよね。
あんなに元気で動き回っていたのに、病気には勝てないわぁ。
告知から半年だったもん。
だけど、それが父の与えられた寿命だったんだろうね。
今、痛みに耐えながら日々を生きているバァさんを見ていると、
いろいろ考えてしまうわ。
高野山でリフレッシュして帰って来たんだけどね、
下界は慌しいわぁ。sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/31363513

この記事へのトラックバック一覧です: 父に会いに・・・:

« ピ~の初ライブ | トップページ | 湯葉あんかけ丼が食べたくて »