« 二人の世界 | トップページ | あぁ、ワイン »

鬼の目に涙。

「私も居らにゃぁ、いけんのん?」(訳:私も居ないとダメなの?)
ババァの言葉です。

はぁ???ほんじゃどこに隠れているというの?
この狭い部屋の中で!!

今日は爺さんの介護保険の見直しの為
市の方から認定調査員の方が見えられました。

婆さんは自分まで会う必要は無いだろうというのです。

ε-(´・ω・`A)ふぅ。。。私には
「emiriちゃん、調査員の人が来るまでに帰れるん?」っと
しきりに気にしていたくせに・・・

で、嫌な予感は的中しました。

「ジィちゃん、要支援を貰えんかったら、ディには行けないんよ。
このベッドも自費になるんやからね。」

っと、しっかり役者魂impactを叩き込んでおいたというのに・・・

来られたのは私と同年代くらいの女性でした。
ジジィは自分に優しく話しかけてくれるものだから

しゃべる、しゃべる、しゃべる、しゃべる・・・・

それは昔の戦時中のことやら、田舎のことやら
ディのことやら、お散歩の道路の事情やら・・・

この4月の介護保険の改正によって、いろいろ実技も要求されました。

ベッドでの寝返り、起き上がり、立って歩く様子。

何故できる?そんなにスイスイ。。。

いつもはでけへんやん。annoy

歩くときに限らず家の中ではいつも腰を90度に曲げているでしょ。

なんで、今日は伸びているわけ??annoy

隣のベッドでは婆さんがしきりにゴホン!ゴホン!と咳ばらいをして
ジジィにだまれ!の暗号を送っているというのに・・・

それでも続く、ジィさんのオン・ステージannoy

調査員さん「爪きりなんかはご自分でされるんですか?」

ジィさん「手の爪は切れるけど、足の爪はディの人がやってくれるけんねぇ。」

バァさん「ほんとディの人がよぅやってくれるんですわぁ」

       ↑ ババァここだけ話に参加。何?私に訴えている?annoy

調査員さん「では、もの忘れとか、ここはちょっと気になるってことは
        何か無いですか?」

くそジジィ「いやぁ、ワシも歳じゃけんね、多少のもの忘れはあるけど、
      そんなに困るようなことは無いねぇ

ハァ???今?何と???
困るような事が無くて何で申請を出してるん?crying

ひととおり終わったので、駐車場まで調査員さんをお見送りしました。
その道すがらが実情を訴える唯一の時間なんです。

調査員さんも心得ていて、しっかり私の話を聞いて下さいました。

オシモが弱く、頻繁におもらしすること。
散歩に出る時に鍵をかけ忘れることが多いこと。
生活時間が「ソレは無いやろ!」っていうほど逆転していること。

などなど切実に訴えておきました。

泣けたのは・・・

「あの環境でよく頑張っておられますね。私も嫁です。
あなたのお気持ちはすっごくよくわかります。

マンションじゃ、家ん中で逃げようが無いですもんね。
苦しいでしょ。

お爺ちゃんには何としても週2回のディには行って頂かないとね。
今で何とかバランスが保たれている状態なんですね。

わかりました。書類の方、頑張って作りますから。
ほんと、お身体を壊さないようにして下さいね。」

泣けました・・・ほんと泣けました。crying

結果はどぅ出るかわかりませんが、それも今の介護保険の現状でしょう。
なかなか、介護する側のことまで考えてはもらえないでしょう。

爺さんの結果が多分、今の予防介護を物語ると思います。

一ヶ月後を待ちましょう。


« 二人の世界 | トップページ | あぁ、ワイン »

鬼嫁と呼んでくれぃ!」カテゴリの記事

コメント

わかります。祖母がそんなでした。
うちで引き取ったのですが、かなり認知症が出てて、様子を見に叔父や叔母たちが来ると、しゃんとする。「何?ちっともボケてないじゃない」と両親が責められる。
最後は、帰ったフリをして隠れて見てもらってました。
気力って、すごいですね。
あああ。もう寝ます。。。。

役者魂は、すっかり忘れちゃったのね、ジイちゃん。
調査員さん、嫁の立場でしっかり書いてくれるといいね。
>マンションじゃ、家ん中で逃げようが無い
って、これは私にもいずれ来るだろう状態だわ・・
戸建ての家ならまだね~

この状況はホント困りますよね。
分かりますよぉ~。
ジィちゃんの社交的な性格が裏目に出ましたね。
話しかけられると嬉しいのでしょうが!困りますよね。
オカンの時もそうでしたペラペラと話し、片足立ちをやって見せたりともうハラワタが煮えくり返りましたよ。
調査員さんがemiriさんの訴えを聞き届けてくれたら
いいですね。祈ってます。

☆ユミちゃんへ

たまに様子を見に来られた叔父、叔母さまたちには
きっとわかってもらえないでしょうね。
これは日々、生活をともにしている者にしかわからないわよ。
帰ったフリをしていつもの様子を見て貰うってグッドアイデアですね。
うちも調査員さんが来ることを事前に言うんじゃなかったわ。
もぅ、いつもはベッドで爆睡しているくせにさ、
昨日は全く別人なんだもん。あの腰、伸ばせば伸びるんだぁ
ってこちらが驚いたよぉ。coldsweats02

☆ブル-・ブル-さんへ

爺さんにウソを要求するのは絶対に無理だって思っていたけど、
出来ないことを出来ると見栄?だけは張らないで欲しかったのね。
だけど、調査員さんの優しい会話に乗せられて
どんどん違う役者に変貌していったわよぉ。
爺さんね、やっぱ男なんだわ。鼻の下3mは伸びてたもん。
この調査員さんね、同じ市内に住んでいらっしゃるんだけど、
義父母さまは隣の市にいらっしゃるらしく、訪ねるんだって。
こんな仕事をしていても、自分の事となると苦痛なんだって。
「視界に入るのも嫌ってなるでしょう。」の言葉には
こちらが驚いたもん。
二人になった時、調査員さんである事を忘れて
主婦同士の会話って感じで盛り上がっちゃったよぉsweat01
あれって、ひとつの手?だったのかなぁcoldsweats02

☆月子さんへ

>ジィちゃんの社交的な性格が裏目に出ましたね。
全くそのとおりです。
だけど、相手が優しい女性でしょ。
いいとこを見せたい意識が暴走していました。
隣のベッドでそれを感じ取ったバァさんが
不自然なほど咳払いをしているんだもん。
アレ、調査員さんにも見え見えだったと思いますよぉ。
オカンは、片足立ちまで出来ちゃうのぉ?
そりゃ驚いたでしょ。その苛立ちよく分かります。
私もその腰がそんなに伸びるなら、いつもそうして欲しいって思ったもん。
腰を屈めた老人二人が家ん中をウロウロする世界って
なんかね、疲れている時に見るとため息が出るんです。
この二人が両の肩にのしかかっているようで・・・crying

お久しぶりですぅhappy01

そっかぁ~ 介護認定の見直しがあるんだったねsweat01
じいちゃんはお話しがしたくてしょうがないのかな?
うちの実母もお喋りなひとだから会うと機関銃のように喋るけど、
軽度のボ○があるから大変よぉsad
でも、じいちゃんの介護度?が変わったら困るよねぇ~
今からベッド無くなってもじいちゃんも困るだろうし
何より自費はちょっと困るよねcrying
調査員の方、とってもいい人で良かった。
あとは調査員の方の腕にかかってるね。
ドキドキの1ケ月だわbearing

鬼ってemiriさんのこと? そんなぁ~。
調査員さんは色々な事例を見て来られてるから
見栄を張ってるのか どうか 正しく見てくださるのでは・・・?
そうでないと調査員の資格は無いですよ~。
1ヶ月先 期待していましょう♪
調査員さんとでも 主婦の話が出来てよかったですね。
愚痴を発散できましたね~。
ナンバッテ!!!

☆maちゃんへ

お久しぶり~♪な~んちゃて。
赤西くんは羨ましいぞぉ。happy01
心配してたのに、何か楽しげにがんばっているね。
最終段階だもんね、気合も入るよね。
でね、うちの爺さんもどうもボケが酷くなっているみたい。
トイレの流し忘れはね、よくあったんだけど、
昨日は水道の蛇口の閉め忘れと
散歩に出る時に鍵を持って出るのを忘れたから大騒ぎよ。
調査員さんに言ったことは大げさでも何でもなく
マジ、オシモも最近大変なのよぉ。
さぁ、1ヶ月後がどぅ出るかだわねぇ~( ̄へ ̄|||) ウーム

☆yasukonさんへ

いやぁ、このブログには私の心の中の鬼(毒)の部分が
いっぱい出ているでしょう。
これがあるから、ジジババには笑顔で接していられるのかも。
くぅぅぅ~っそぉ~annoyって思っても
プクク(* ̄m ̄)クククブログネタ頂き~って変換できるから
ジジババに辛く当たらずに済んでいるのかも。
本心でぶつかれば波風が立ちっぱなしになるであろう
舅姑VS嫁関係ですもんね。
調査員さんね、二人になってお話をした時に
やはり爺さんの話をそのまま信じていませんでした。
こういう事ってどこのお年寄りも同じみたいです。
私の話もどこまで伝わったかは?ですが、
とても癒された会話をすることができました。
yasukonさんもお嬢さんちで今ごろは癒されてますか?
ゆっくり楽しんできて下さいね。
あっ、手洗い、うがい、マスクは忘れずに!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/29745417

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の目に涙。:

« 二人の世界 | トップページ | あぁ、ワイン »