« やっぱり私は・・・ | トップページ | うぅぅ、コアリズム! »

うちのケアマネさん。

昨日のことです。

1日休みをとっていた主人がバァちゃんを
病院に連れて行ってくれました。

楽しみにしているディサービスを少しでも早く受けられるよう、
ディサービス用の健康診断の為です。

主人ね一人でバァちゃんを連れて外出するのは初めてなんです。

病院は私の自宅と職場の通過点にあるので、
出勤前に診察券を入れておいたんです。
っで、出る前に主人にはしっかり流れを説明しておいたのに・・・

多分5分おきくらいに携帯に電話が入りました。

「今、病院に着いた。どこに行ったらええんや?」

言うたやんimpact

そんな中

「今、ケアマネさんが来てくれはった。
     バァちゃんを尿検査に連れて行った」と連絡。

な、なんで、ケアマネさんが尿検査なん????

実はね、ディサービスの件で相談に行った時に

「ご主人が一人で・・・し、心配ですねthunder
               また覗いてみますね」

っと言って下さってたのですが・・・まさか本当に

うちのケアマネさんは実家の父の頃からお世話になっています。

父の場合は在宅での終末期医療だったのですが、
次に必要になるであろうことを先に先に助言、準備して下さり、
残された少ない時間であるにもかかわらず
思い残すことなく、父に関わることが出来ました。

そんな経緯もあり、信頼した上で義母のケアマネをお願いしました。

今回のこの尿検査の件も・・・クスッ( ̄m ̄*)

これはお人柄なんだと思います。
たまたま、受診に来ている担当の患者を見に行ったところ
女子トイレでの検尿に躊躇している主人と遭遇し、

「私がお連れします!」と言わざるを得ない状況だったのでしょう。
プクク(* ̄m ̄)ククク

「えみりの日常」の「遠距離介護の苦悩」シリーズでも
たびたび登場するこのケアマネさん。

私の生活に無くてはならない存在です。

っていうか、今、私がこうして居られるのはこの方のお陰です。

多分、この先、私の生活は変化すると思います。

二人の老人を抱えているのですから。
(いや、実家の母も含めて三人かぁ・・・sweat01

ずっと傍に居て下さいね。
 っとは言えない状況になることもあるでしょう。
(まだまだお若い方なので、生活が変化する可能性もあるし)

でも、介護というものが身近に迫ったこの時期に、
初めて出会った「その道のプロ」が彼女でした。

今、すっごく、そのことに感謝しています。

(*/▽\*)イヤン・・・・
ずっとね、ケアマネさんに「ありがとう」を言いたかったのですが、
機会を逃したまま、今に至っています。

リビングから見える、ベッドで眠るバァちゃんの健やか?な寝顔。
この時間のある時に、感謝の気持ちを残しておかないと
機会を逃してしまいそうなので、ちと記してみました
happy01

« やっぱり私は・・・ | トップページ | うぅぅ、コアリズム! »

親の老いを見つめて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1069092/22370270

この記事へのトラックバック一覧です: うちのケアマネさん。:

« やっぱり私は・・・ | トップページ | うぅぅ、コアリズム! »